byOSO001

グダンスク、ドゥーギ広場の壁絵にドキドキ♪その②&オマケ

Rzeczpospolita Polska


グダンスク、ドゥーギ広場は色んな絵が描かれてる建物がたくさんありました。

前回の続きです。



ちょっと古ぼけた感じの絵。

左側は楽器、右側は地球儀などでコペルニクスを連想させます。
トルンのアルトゥス館で見たステンドグラスのモチーフを思い出します。


こちらは窓から女性が長い髪を編んでるのが見えてる様子。
ラプンツェルみたい。


お次はこちら、

左は何かの紋章?スフィンクスが向かい合って並んでます。

右は色んな著名人の顔?
下段の真ん中はラファエロですよね?これ。



これはちょっと色使いがポップで可愛い♪

食卓に並ぶご馳走、静物画みたいにも見えます。

三角屋根の部分には晩餐に招かれた人たちでしょうかね。


ちょっと派手めのこちらのお宅には、

こんな可愛い窓飾り。

色鉛筆かパステル画のような感じ。


こちらはレストランの様子?
服装などを見ると中世のようですが、描き方が現代アートみたいです。




最後はこちら。
これは広場ではなく、広場の外側をうろついていた時に見つけたものです。
建物に住む人が描いたのか、はたまた誰かの落書きか!?

だって、ちょっと、これは、、、ねぇ、、、

住人がこんなの描かないとは思うんですけど、、、

シュールです・・・。




関連記事
OSO001
Posted byOSO001