byOSO001

WAT KAI วัดไก่ (ワット・ガイ)① 【アユタヤ】

The Kingdom of Thailand

WAT KAI วัดไก่


Location : Amphoe Bang Pahan
Located at Tambon Han Sang, 25 kilometres from Ayutthaya, the entrance to the temple is 600 metres away to the right and marked by a monkey symbol.
It dates from the Ayutthaya period and was once abandoned after the fall of the Ayutthaya Kingdom.
Around 1992, it was renovated and established as a ‘Samnak Song’ - a monastic residence - before having been granted consecrated boundaries in 1997 for establishing a temple and named “Wat Kai,” or ‘Chicken Temple,’ after the fact that a large number of chicken died of an epidemic here.
The temple also provides home for a large herd of wild macaques that are not fierce but no one knows as to when they came to take sanctuary here.
あまり情報の無いお寺なので、唯一見つけた手がかり↑を書いておきます。

元々、おサルのたくさん生息する地域に建てたお寺のようで、それで前記事のように隣の敷地にサル山があったり、サルがたくさんウロウロしてたりするらしいです。
トゥクトゥクの運ちゃんもそれで「モンキー?」と言ってたのでしょう。(ってか、そっちの方が有名?)

でも、お寺の名前は『WAT KAI(ワット・ガイ)』『鶏寺』です。









向かいにはワット・ガイ小学校があります。
おサルの像がありますが、人間の小学校です。


トゥクトゥクはこちら↓の駐車場らしき所に停まったのですが、正面入口なのかどうか分かりません・・・。

だって、↑↑↑の説明書き(?)を見つけたサイトには、
こんな写真が載せられてたので・・・。

(写真はそのサイトからお借りしました)

一応、似た建物があるから間違いは無いと思うけど、とりあえず外側を見て周ってみます。



ん?涅槃仏?
の、後姿。
お寺である事に間違いは無いようです。



更にその先へ。


『鶏寺』らしく(?)鶏の置き物がいっぱいあるのを発見!
よしよし!
間違いなく『鶏寺(WAT KAI)』のようである。

でも、何故かシマウマもいっぱい~


可愛いけど、何故にシマウマっ!?


正面っぽい感じの場所に出ました。

ちゃんと『鶏』が真ん中に鎮座されてますわ~。

でも、ここ、正面入口じゃなかったみたい。
だって、入るトコ無かったし、横っちょにある建物はお坊様の宿坊(?)のようで、お坊様が洗濯などなさってましたし。。。

という事で、一番上の入口の方へと戻って、中へ入ることにしましょう。

それにしても、この正面(らしき)の植木、トピアリー(風)になってるんだけど、、、

ちゃんと枝払ってあげませんか~?

ゾウさんが随分毛深くなってましてよ!


関連記事
OSO001
Posted byOSO001