byOSO001

WAT MAHATHAT(ワット マハタート)วัดมหาธาตุ พระนครศรีอยุธยา②     【アユタヤ】

The Kingdom of Thailand

WAT MAHATHAT(ワット マハタート)วัดมหาธาตุ พระนครศรีอยุธยา

(WAT PHRA MAHATHAT(ワット プラ マハタート))

A. Muang, Phra Nakhon Si Ayutthaya
อ.เมือง จ.พระนครศรีอยุธยา
入場料;50THB


1369年~70年、2代・ラーメスアン王が建てたという説と、1370年~88年、3代・ボロムラーチャー1世が建てたという説の2つの説を持つ。
かつては塔の頂上が黄金色に輝いていたというこの寺院も、ビルマ軍の侵略によって廃墟と化している。
現在は頭部の落とされた仏像、崩れ落ちたレンガの壁、礼拝堂の土台が残るのみとなっている。
菩提樹の木の根に取り込まれた仏像の頭部が有名。

1956年の修復の際に塔の跡から黄金仏や宝飾品が発見され、それらは現在チャオ・サン・プラヤー博物館に展示されている。

それでは、『アレ』です。


こちら、菩提樹の根に包まれた仏陀の頭部。(この写真は大きめで載せてます、拡大してどうぞ♪)
ビルマの破壊の際、ことごとく壊された仏像の頭部ではありますが、何故か難を免れた一つが年月と共に木の根に取り込まれたものです。


この角度がお気に入り。。。
※ここで写真(一緒に写る)を撮る際には、仏陀の頭部より高い位置からだと失礼にあたりますので、低い姿勢で撮りましょう※


の近くで見つけた木の根。
なんか芸術的?


先へ移動します。
中央の崩れたピラミッドのような塔の反対側です。


の壁沿いの所を良く見ますと、、、

ここにも頭部を落とされた像がずらり。


痛々しいです。。。


その中に一つだけキレイな座像がありました。

きっとこれも修復されたか、後に納められた物なんでしょうね。


さらにずーっと西の方へ歩き、遺跡の端っこ(?)あたりまで行きました。

向こうの方に見えてるのが中央の塔。


さて、帰ろうか、と外へ向かう時に見つけたのがこちら。

誰ですか!
こんな所に落書きするのはっ!





こういう破壊されまくりの遺跡を見てると、ホントに、
今は昔・・・
って感じですねぇ。

関連記事
OSO001
Posted byOSO001