byOSO001

バンコク市内観光!⑧【ワット・ポー、その4】(Chedi チェディ)

The Kingdom of Thailand

Wat Pho(วัดโพธิ์)

(Wat Phra Chetuphon Vimolmangklararm Rajwaramahaviharn)
(ワット・プラチェートゥポンウィモンマンカラーラーム=ラーチャウォーラマハーウィハーン)




1. Phra Ubosot - พระอุโบสถ
2. Ubosot-Wall (Kampaeng Kaeo) - กำแพงแก้ว
3. Eastern Viharn - พระวิหารทิศตะวันออก
4. Southern Viharn - พระวิหารทิศใต้
5. Western Viharn - พระวิหารทิศตะวันตก
6. Northern Viharn - พระวิหารทิศเหนือ
7. Phra Prang - พระปรางค์
8. Five Chedi on Single Base - พระเจดีย์หมู่ห้าฐานเดียว
9. Phra Chedi Rai - พระเจดีย์ราย
10. Phra Rabieng (Gallery) - พระระเบียง
11. L-shaped Viharn - พระวิหารคด
12. Model Hills - เขามอ
13. Phra Maha Chedi Group - พระมหาเจดีย์สี่รัชกาล
14. Phra Mondop (Library) - พระมณฑป (หอไตรจตุรมุข)
15. Library Pavillon (Museum) - พระวิหารทิศพระนาคปรก (ห้องจัดแสดงโบราณวัตถุ)
16. Viharn of the Reclining Buddha - พระวิหารพระพุทธไสยาส
17. Sala Kan Parien (Preaching Hall) - ศาลาการเปรียญ
18. Misakawan Park (The Bodhi Tree) - สวนมิสกวัน
19. Crocodile Pond - สระจระเข
20. Belfry - หอระฆัง
21. "Crowned" Gate with Chinese Stone Giants - ซุ้มประตูทรงมงกุฎ และ ตุ๊กตาจีน
22. Thai Traditional Medical Science School - โรงเรียนแพทย์แผนโบราณ และ การนวดแผนโบราณ
23. Sala Rai (Multipurpose Pavillon) - ศาลาราย

巨大寝釈迦のあったホール(16. Viharn of the Reclining Buddha - พระวิหารพระพุทธไสยาส)を出て、隣に見えているチェディのあるエリアへと行きましょう。

ここを通り抜けます。

通り抜けた反対側。

あちこちにある門の横にはたいてい守護の像が置かれているのですが、ここの帽子を被った像、どう見ても西洋人の顔だよねぇ???
と、気になって色々調べてみたものの、確証は得られなかったのですが、かの『東方見聞録』の『マルコ・ポーロ』では!?
という記述がありました。
って、ホンマ?
(誰かご存知の方がいらっしゃったら教えてください~)
アジアに初めて来たマホボロさん、という説もアリ!



とりあえずの像は置いといて、門を抜けると小さなチェディが並んでいる場所に出ます。

その隣に大きなチェディ群があります。
大変艶やかな細工の門を通って入ります。

(とてもキレイだったのでこの写真、拡大出来る大きさにしてあります)

13. Phra Maha Chedi Group - พระมหาเจดีย์สี่รัชกาล



ここにはラーマ1世~4世までを現す4つのチェディが置かれています。
それぞれの塔は42mの高さで、美しいモザイクタイルで飾られています。

この時は残念ながら雨が激しく降っていたので、傘をさしながら、これだけしか写真が撮れませんでした。。。

Phra Maha Chedi Sri Sanpetdayarn(ラーマⅠ世)
緑を基調としたモザイクタイルで飾られている。

Phra Maha Chedi Dilok Dhammakaroknitarn(ラーマⅡ世)
白を基調にしたモザイク、ラーマⅡ世の治世の物を息子のラーマⅢ世が建てた。

Phra Maha Chedi Muni Batborikharn(ラーマⅢ世)
黄色を基調にしたモザイク、ラーマⅢ世自身が自らの治世と仏陀の賞賛のために建てた。

Phra Maha Chedi Song Phra Srisuriyothai(ラーマⅣ世)
青を基調としたモザイクタイル。
ラーマⅣ世の治世に、これ以降同様のチェディは必要無しとして、タイ・中国様式のガラスタイルで飾られた白壁と、中国様式のロックガーデンによって4つのチェディを囲みました。


その他にも寺院内のあちこちに小さなチェディがあります。

小さいチェディもそれぞれ美しいモザイクで飾られています。

一つの台座に幾つか固まって造られているもの。

4つの小さなチェディで真ん中の大きめのチェディを囲っています。
ラーマⅠ世の治世に建てられたものだそうです。

一つずつ独立した形のチェディはラーマⅢ世の時代に造られたもので、その数は71にも及ぶということです。


なかなか雨が止んでくれません・・・。




関連記事
OSO001
Posted byOSO001