byOSO001

たまには観光も、、、『行天宮』

臺灣-TAIWAN(臺北)

行天宮


行天宮(ぎょうてんぐう)は、台湾の台北市中山区に位置する関帝廟。
多いときで1日に2万人以上が訪れるとされる、台北地域でも人気の高い寺院・観光地のひとつである。

恩主公廟、恩主公、恩主宮などとも称される。
1949年に基隆炭鉱の所有者であった黄欉(こうそう、1911年-1970年、行天宮では「玄空師父」と呼ぶ)によって、
台北市九台(現在の林森北道)にて創建された。当時は規模か小さかったが、この地に国民中学が建設されることとなり
1968年に現在地に移転した。当宮の他に北投分宮(關渡行天宮とも呼ばれる、台北市北投区)と
三峡分宮(白雞行修宮とも呼ばれる、台北縣三峡鎮白雞)がある。

黄欉は福建省泉州出身の所謂外省人であり、当宮は本来、閭山派正一教という道教の一派がルーツであるとされるが、
既に彼が居た時代の福建省では仏教や儒教などと習合した「福建道教」に変化しており、
更に第二次世界大戦や国共内戦を経た台湾に至って、「台湾道教」とも呼ばれる独特の多様性を持つ民族宗教に発展した。
祀られているのは関羽(關雲長)、呂洞賓、張単(張單)、王善、岳飛の「五恩主」である。

宗旨は「広推行道徳教化」「不偏於功利取向」「不帯有商業色彩」「不迷信人間偶像」。
Wikipwdiaより
行天宮サイト(台湾語、英語)
と、台北では有名な観光地であるにもかかわらず、何故かここも行ったことが無かったので、
近くを通った時にちょっとだけ寄り道しました。

では中へ。。。


正面には狛犬と龍の彫り物の柱。
こちらの扉は閉められていますので、横の入口から入りましょう。
正面の扉は特別な行事などの時だけ開けられるそうです。

赤を基調とした極彩色の装飾がされています。

本殿手前の大きな屋根のある所にはお供え物などを置いた大きなテーブル。
青い服を着ている人はボランティアで、お線香はこの人達から受け取る手順のようです。
img_6_20190322004131ee7.jpg img_7_2019032200413291e.jpg 
お線香に火を点けたら、最初に手前にある香炉にお供え。

女性は右手で、男性が左手でお供えするのだそうですよ。



その後、正面中央の「關聖帝君」を含む5人の神様「五聖恩主」、右側の「關聖太子平」、
最後に左側の「周恩師倉」の順番でお線香を供え、お参りします。
参拝方法【旅々台北】より
こちらのご本尊は、商売の神様である「關聖帝君」。
所謂、『三国志』で知られる『関羽』です。

台湾では『関羽』をご本尊に祀っている所は多いです。


残念ながら時間が無くて通り過ぎただけだったのですが、こちらでは『おみくじ』をしている人の姿を多く見かけます。
三日月型の木片を投げて占うものです。

時間がある人はぜひ、占いもどうぞ!
裏と表が出るとOKだそうですよ~。


また、時間がある時に、ちゃんと御参りをして占いもしてみたいかな。



関連記事
OSO001
Posted byOSO001