byOSO001

『Krishna’s Butterball-クリシュナのバターボール』 【マハーバリプラム】

南インド-South India


マハーバリプラムの遺跡巡り、最後になります。
『アルジュナの苦行』のある場所のすぐ隣(裏手)へと参ります。
【MAP】



『アルジュナの苦行』の岩の上にヤギ発見!

と、思ったら、すぐ足元にもヤギがいました。

インドって野良ウシのイメージだったけど、ここではヤギの方が良く見たなぁ。



余所見してないで先へ行きましょう。
ノンビリした公園のような所に目的地があります。


案内の向こう側に見えてるのは『Genesha's Mandap-ガネーシャ・マンダップ』。
一枚岩から作られた寺院でガネーシャが祀られているそうです。

その先にあるのがこちら


Krishna’s Butterball-クリシュナのバターボール

クリシュナは前の記事の石窟でも出てきましたね。

『Krishna Mandapam-クリシュナ・マンダパ(ム)』
ゴーヴァルダナ山を片手で持ち上げてたクリシュナです。

クリシュナは乳製品、殊にバターが好物だったので、『バターボール』の名前はそれに由来するそうです。
(母親の目を盗んでこっそり食べるほど好きらしい・・・)

バターの食べ過ぎでムッチリ、、、
いえ、ふっくらしてるクリシュナ。
成長した後は女泣かせのイケメンモテモテとなる。
額の『U』はヴィシュヌ神の印(クリシュナはヴィシュヌ神の化身)






クリシュナの話は一旦置いといて、すごいバランスで坂道に乗っかってる岩。


岩の周りを一周します。


裏へ行くとこんなになってます。

ナイフでスパっと切ったような断面。
クリシュナが剣で真っ二つに切ったようだ、、、と、これが名前の謂れだそうな。


いや、ホンマ、すごいバランス!

何で落っこちてこないんでしょうね~。


パラヴァ朝の王がこの岩を動かそうと8頭のゾウで引っ張ったが、それでも動かなかったという話もあります。





【周りの景色】


周りにも結構大きな岩がゴロゴロ。。。





今まで紹介してきた石窟、寺院、レリーフなど、全て含めてこの辺り一帯は世界遺産に登録されているのですが、、、

・・・・・


・・・・・


・・・・・


インドの人にとっては、、、



・・・・・


・・・・・


・・・・・


子供の遊具となっているらしい。。。

滑り台として遊ぶ子供~!





ま、インドですから・・・。





関連記事
OSO001
Posted byOSO001