byOSO001

観光①-3 Kapaleeswarar Temple(カパレーシュワラ寺院)その2    【チェンナイ】

南インド-South India


観光①Kapaleeswarar Temple(カパレーシュワラ寺院)


チェンナイ最大のヒンドゥー教寺院。
シヴァ神を祀り37mの高さのゴープラム(塔門)をもつドラヴィダ様式の建造物である。
元々は13世紀に創建されたが、現在残るものは16世紀にこの地を支配するヴィジャヤナガル王国により再建されたものである。
ゴープラムには色とりどりのヒンドゥー教の神や聖人像が彫刻されている。
異教徒が入れるのは中庭まで。
無休;6:00~12:00 16:00~21:00 、無料

前回からの続きです。

ゴープラム(塔門)へとやって参りました。
でっかいので全景が写せない・・・。

img_1_20190321233537022.jpg img_2_20190321233538433.jpg 
塔門下の彫刻。
img_3_20190321233540042.jpg img_4_20190321233542fa5.jpg 
丸顔で柔和な感じです。

塔門下、内部から。
内部は割とシンプル、、、。

派手派手な外側をUPでご覧ください~。

色んなインドの神話がギュギュっと詰まったような彫刻群です。

反対側の建物にあった彫刻。
シヴァ神御一家だそうです。
左側からガネーシャ、シヴァ、パールヴァティ、カールッティケーヤ。
白牛はナンディ。

こちらの像はまた、インパクトがありますねぇ。。。

グルっと回って元来た方へ戻ります。

振り返ってゴープラム全景。

本物の牛もいましたよ。

牛の前に写ってる木は、願掛けの紐木を巻き付けているのだそうです。
日本でおみくじを木に括り付けるようなものだそうな。
ぶら下がってるのは子供を授かるとお礼に捧げる人形(青いやつ)なんだそうです。

寺院内をぐるりと一回りして、車を停めてある場所へ戻ります。
遠くからでも塔門が見えてます。
周りの建物が高くないので良く見えますね~。

では、次の観光へと移動しましょう。



関連記事
OSO001
Posted byOSO001