byOSO001

観光② Basilica of the National Shrine of St.Thomas        【チェンナイ】

南インド-South India

少し間が空きましたが、チェンナイ観光の続きです。

観光②Basilica of the National Shrine of St.Thomas

img_1 (1) img_2 (1) 

78年にチェンナイ市の南のはずれにある聖トーマスの丘(St. Thomas Mount)で死去したキリスト12使徒の一人である
聖トーマス(サン・トメ、St. Thomas)の墓を祀っている。
地下に棺と遺骨の一部が展示されている。
1504年にポルトガル人によって建てられ、1893年に再建、現在のネオゴシック建築の教会となる。
インドのキリスト教徒にとっては重要な巡礼地。
Doubting Thomasの物語を描いたステンドグラス、
1メートルの聖母メアリ(1543年にポルトガルより届いたとされる)などがある。
壁の高い部分には13世紀の様式で作られた14の木製の飾り板が有る。

img_4 (1) img_5 (1) 
布教のためにやって来たインド(チェンナイ)で殉教した聖トーマス(サン・トメ)を祀る教会です。

棺や遺骨が展示されているということなのですが、行った時はちょうど、、、
ミサの最中・・・。

一度では入り切らないのか(?)映画館の入れ替えのようにミサも順番に入れ替えで行われているらしい(たぶん…)
なので、その入れ替えの合間を縫って写真を撮らせていただきました。

あぁ、ステンドグラスがゆっくり見られないのが悲しい。。。


中央の大きい祭壇のあるホールの横にある小部屋。
棺や遺骨も見られませんでした。(仕方ないね、ミサしてるんだから・・・)

せめて外側だけでもゆっくり見るか~。

と思うのですけど、、、

外側を歩いてると、物乞いの子供がまとわり付いて真っ直ぐに歩けないほどなので、、、

諦めて次の場所へ移動しました。

渋滞でなかなか進まない・・・。



関連記事
OSO001
Posted byOSO001