byOSO001

ラパス空港~旧市街、『Hostal NAIRA』

【ラパス空港】
コロンビアの空港の時のようなイミグレでのしつこい質問などなく、難無く通過。
外へ出る際のセキュリティー(荷物)では中南米お馴染みの運試しの押しボタンがある。
青が出ればスルー、赤が出れば荷物検査です。
(今回は2人とも青♪)
【タクシー】
ラパスの空港から旧市街のホテルまでタクシー。
この時は70Bsだったが、後で何度か乗った時には全部60Bsだった。
最初がちょっとボってたんだなぁ、悔しい。。。
ガイドブックの情報が50Bsで、1、2年前の情報だとすると、2割増しくらいと考えてやっぱり60Bsくらいが妥当かな?
60Bsで約8.6$、70Bsで約10$
2012年12月~2013年1月の情報として参考にされてください。
さて、、、空港からタクシーで30分ほど。
旧市街にある宿に到着。
真夜中(確か3時半くらい)なので真っ暗…。
 
当然扉には鍵が掛かっている、、、早く開けてぇ、怖いし(^^;)
ちなみに同じ通りの昼間の様子はこんな感じ。
【Hostal NAIRA】
Plaza San Francisco - Calle Sagarnaga 161 - La Paz. 
Tel: 591-2-2355645  
Fax: 591-2-2311214
宿は旧市街、サガルナガ通りに面しており、大通りのサンタクルス通りにも歩いてすぐなので便利

ホテルはただ今絶賛改装中!って感じで、朝早くから色んな作業の音が…。
石造りの建物は音が響きやすい構造なのか(どうかは分からないが)
部屋の中まで絶好調でトントンカンカンと音が聞こえる。
<レセプション周り>
夜中に到着して早く休みたいのに、予約入って無いとか言うし~(結局はちゃんと入ってたけど)
 
<レセプションと客室の間のスペース>
テレビやソファなどが置かれています。
<客室エリア>
写真真ん中の通路がレセプションに通じている、右側ドアが最初に泊まった15号室
パティオ風になっていて、四方が客室になっています。
エレベーターは無し、階段だけです。
階段を上るのがしんどい(高地なのですぐに息切れする)ので、2度目に泊まった際にも1階にしてもらいました
<部屋>
最初に泊まった15号室
 
奥がシャワーとトイレ
ドライヤー有り、アメニティは石鹸2個
 
2度目に泊まった11号室





すぐ隣に経営の同じレストランがあります。
<Coffee Shop Banais>





朝食ビュッフェは10時までだったので、
遅い朝ごはんになってしまったこの時はAmericano 20Bs/一人(約250円)を注文
ジュースのチョイスがパパイヤかサンディア、と言われたが、サンディアって何???
で、サンディアにしてみたらスイカでした♪
スイカジュース大好き、当たりだ~!
パンは固い…
でも後になって(旅程を終えて)分かったことだけど、ボリビアは全般的にパンは美味しくない、
コロンビアの方が断然美味しい!
パンの美味しさはそれぞれの国の発展度合いに比例するのだなぁ、と実感
後日、同じ店で食べたランチ
トマトスープ(パン付き)
BLTサンドイッチ
チキンサンド
水(大)
カフェコンレチェ×2

合計73Bs
 
 
オマケ
【SIM】
tigoというところで購入(サンタクルス通りにあった店舗)
7Dias 100Bs 0.5GB
50Bs分の通話
 
ボリビアのネットは遅いと思いました。
使えないことはないけど、ちょっとイラっとする速度かも!?
関連記事
OSO001
Posted byOSO001