byOSO001

ダブルブッキング、その後・・・。

Република Македонија


今回の記事は半分愚痴のようなモノなので、ダルい人はスルーしてくださいね~!

さてさて、、、
ダブルブッキングで部屋が無い!
と言われて、
ハイ、そうですか!
と言って引き下がるワケにはいくまい。。。

だって、今夜寝る場所が無いと困るもの~!

ひと月、ふた月掛けてのゆっくり旅なら時間掛けてでも探すけど、日本のリーマン世帯の旅行にはそんな余裕は無~い!!!
、って事で、食い下がる

細かいやり取りは省くとして(←書くと思い出して腹が立つので…)とりあえず幾つか宿を紹介するので、、、ってことに落ち着いた。
(いや、気分的には全然落ち着いてないのだが)





最初に行ったのは予約したホテルから歩いてすぐのVilla N○○○という所。


訪れると宿のおばちゃんが「ようこそ!ようこそ!」と、とてもいい感じで迎えてくれた。
こういう感じのおばちゃん、結構好きである。

しかし、案内された部屋がこんな感じ



ホテルサイトからお借りしたこの写真では分りにくいが、かなりの狭さ
(この写真はかなり良く写ってると思われる)

ベッドはセミダブルの幅があるか無しか、ってとこかな。。。
写真に写ってるのが部屋の幅いっぱいいっぱい!って感じ。
小ちゃいバルコニー(ベランダ?)が付いていて、湖が見える!と言った物ではなく部屋に付いてる物干し場といった感じのものであった。

「うーん・・・」と悩んでいると、もう一つの部屋を見せてくれた。
今度の部屋は広くてキッチンも付いているものだったが、屋根裏部屋のような感じで、窓が天窓一つといった閉鎖的な部屋であった。
こ、これもちょっと・・・。

ちなみに【30Euro/night】ということでした。
(もう一つちゃんとしたバルコニーの付いた部屋もあるようなのだが、この時はどうやら先客がいた模様)



念のため申し上げておきますが、比較的いつでも行ける旅行先とか良く行く場所ならのような部屋でも何の問題もなくOK!なのである。
そこまでこだわらない。
しかし、もう一度行くかどうか分らないマケドニアで、元々予約していたVilla G○○○○○○○○というのが、
湖を眺められるバルコニーの付いた部屋!
(ちなみにこんなのですこちらもホテルサイトからお借りした写真です)


だったために、
「なんだか(心情的に)納得できな~い!」
状態だったんですよ





で、、、もう一つ案内する、と言うホテルへと向かう。
今度の所は旧市街から10分ほど歩く場所である。
(歩いても3分だ!とかぬかしておりましたが…)

最初に案内された部屋は先ほどの宿に比べると広めでキッチンも付いてる部屋でしたが、やはり湖が見える部屋ではなく『隣の建物&通りが見える部屋』であった。


どうしたもんか、妥協するべきなのか、でもやっぱり納得出来ないし・・・。
「60Euroのところ、40Euroにする!」とも言われたのですが、何となく納得出来ない気持ちの方がまだ大きい・・・。(ガンコ者!)

ここまで連れて来たダブルブッキングの宿の人に「納得出来ない!」とクドクド言ってみる。(イヤなヤツだなぁ~)

そうすると暫くして別の部屋が出てくるではありませんか~!
ちゃんとLake Viewの部屋!
あるなら最初から出さんかいっっっ!

ちょっと旧市街まで遠いのと、最初の宿のおばちゃんの方が感じが良かったので心の葛藤があったものの、段々と時間も遅くなってくるのでこちらに決定しました。
もちろん、40Euro/night です!





なんとか野宿せずには済みましたが、「なんだかな~」と、スッキリしない気分だけが残ったような。。。

とりあえず決まったそのホテル、次で紹介させていただきまする~。。。





長々と愚痴のような記事、失礼いたしました。





関連記事
OSO001
Posted byOSO001