byOSO001

Ancient Paper? 【マケドニア・オフリド】

Република Македонија


【旧市街MAP】




それでは旧市街の散歩と参りましょう。


オフリド(Ohrid、マケドニア語:Охрид)は、マケドニア共和国西部にある都市。
バルカン半島の大湖オフリド湖のほとりにある。
かつては市内に365もの教会があり、マケドニアのエルサレムと呼ばれた時代があった。
10世紀末から11世紀にかけて、ブルガリア帝国の首都であった。このため大主教座が置かれ、現在でもマケドニア正教会の大主教座が置かれている。
1980年、オフリドとオフリド湖はともにUNESCO世界遺産に登録された。
Wikipediaより引用



見どころは殆どが旧市街エリアに集まっています。


古代から続く古い町は道も迷路のように小路が集まって出来ているかのようです。


こういう街並みをトコトコと歩くのは好きですね~。






と、ふと見つけたのはこんなモノ


何だ?こりゃ?

その横に看板がありました。
あ~!紙を干してるってワケね!

FREEと書かれてあることですし、入ってみましょう。




入りますよ~、、、

と、入りますと、店主さんが出て来られてどうぞ!どうぞ!奥へ!と招き入れてくれたので、遠慮なく奥へと入ります。

色んな道具が置いてありますよ。





店主さん(職人さんかな?)、おもむろに実演を始めます。

紙の材料となる物の説明などなど、、、(←細かい事は忘れてしまいましたが・・・)

紙をすいて型で受けます。

型から出して竹製のランチョンマットのような物(こういうの何て言うんでしょ?)に乗せます。

これが先ほど店の前に干してあったヤツなのね。



手作りの紙で作った様々な商品が売られてますので、お土産にいかがでしょうか?

ワタシは
写真の正面に置いてある紙に昔の聖書などの模様や文字を印刷したものを購入しました。
小さいポストカードくらいの大きさのものから大きめA4くらいの大きさの物まで5ユーロ~20ユーロくらいでした。
その他、ノート、メモ帳、箱や紙袋、、、などなどがありましたよ。





HAND-MADE PAPER
*procedure Ⅱcentury BC
*printing - Gutenberg press (15 century)
- original and unique souvenires
- old manuscripts (13-15 century)
- pictures(graphics) from Ohrid
(お店の看板より・・・)



関連記事
OSO001
Posted byOSO001