byOSO001

ラパス旧市街、サンフランシスコ寺院あたり

【ボリビア・ラパス編】
それではラパスの町へちょこっと出てみます。
宿のあるサガルナガ通りから坂を下りてサンタクルス通りの方へ行ってみることにします。
サガルナガ通りは狭い道ながら、
観光客も多く集まる場所なので写真のような両替屋さんもたくさんいます。
写真のオバちゃんは我々が最初に両替した所。
こんな道端両替で大丈夫かいな?
って感じですが、特に問題はありませんでした。
(でも、ちゃんと確認はしてね♪)
坂を下って行くと左手に古い建物が見えてきます。
そのまま行くとたくさんの人が集まる広場に出ました。
広場にあるのはサンフランシスコ寺院
スペインの入植後すぐに建てられた寺院です。
現在のは17世紀頃に再築されたものなのだそうな。





サンフランシスコ寺院のある広場に面して大きな道路があります。
これがサンタクルス通り
交通量がハンパなく多いです~。
写真のミクロ(乗合いバス)や小型のワンボックスのミニバスなどが渋滞を引き起こしています。
特にミニバスは行き先を告げる人が大声を出しながら乗る人を拾おうとトロトロ走るうえに
数がメッチャ多いので尚更渋滞になるってワケなんですねぇ。
タクシーの運ちゃんも時々「どけっ!」とか、怒ってましたし…。
たまたま見かけた消防車に乗るミイラ。
さて、この道路から少し先に目を遣ると、小高い丘のようになった町の様子が見て取れます。
世界一高所にある首都として有名なラパス(法律上はスクレ)
そのラパスは擂鉢上の形をした町であります。
町の中心は擂鉢の底にあり、坂の上へ行くほどに貧しい地域になるのだそうです。
さてさて、広場の方へ戻ります。
こういった広場って、何するともなく人がいっぱい集まるんだけど、
人の多い場所は当然治安も…ってことで、、、
広場にはたくさんのポリスがいましたよ。
コロンビアのボゴタでもポリスがたくさんいたけど、たくさんいるから安心なのか?
って考えてみると、どうなんでしょうね~。
だって、日本では街中でお巡りさんの集団って見ないもんね(^^;)
ま、良くない良くないと言われている治安の国(や地域)を少しでも良くしていこう!
という過程にあるからかもしれないので、今後を見守りましょう。
とか言いつつ、他の大勢の人と同じように広場で座り込んでボサーっと過ごす私たち。
「ん?あれは?」
アイスクリーム屋さんやーん♪
試してみましょう!
値段は忘れたけど、確か日本円で10円くらいだったような。
今風のミルクたっぷりのこってりアイスじゃなくて、昔風の水っぽいシャリシャリした感じのアイス。
こういうの嫌いじゃないですよ(こってりアイスも食べるけどね)
広場の前のサンタクルス通りをそのまま真っ直ぐに7月16日通りの方へと歩いて行きますと、
少し大きなビルや新しいショップなどが並ぶエリアへと出ました。
 
こちらの方は(たぶん)ちょいと洒落た場所になるんでしょうね。
ファストフードの店も幾つかありました。
宿のあるサガルナガ通りの方と比べるとスッキリした印象です。
ちょっと距離はあるけど、歩ける範囲でしたよ(トロい私でも歩けるので、普通の人なら余裕~)
関連記事
OSO001
Posted byOSO001