byOSO001

聖ヨヴァン・カネオ教会-Saint John Kaneo(Црква Св. Jован Канео)     【マケドニア・オフリド】

Република Македонија

【旧市街MAP】
img_17.jpg


オフリド(Ohrid、マケドニア語:Охрид)は、マケドニア共和国西部にある都市。
バルカン半島の大湖オフリド湖のほとりにある。
かつては市内に365もの教会があり、マケドニアのエルサレムと呼ばれた時代があった。
10世紀末から11世紀にかけて、ブルガリア帝国の首都であった。このため大主教座が置かれ、現在でもマケドニア正教会の大主教座が置かれている。
1980年、オフリドとオフリド湖はともにUNESCO世界遺産に登録された。
Wikipediaより引用


さらに散歩は続きます。



あ、ニャンコ発見!


ホントは先ほどの聖パンテレイモン教会からまだ上にある砦跡に行く予定だったのですが、途中で道を間違えてしまったので砦は後回しです。


で、上らずに下ります。


前を行く人がいます。
目的地はこの先にあります。


湖にはたくさんのボートが浮かんでいて、ボートに乗って景色を楽しむことも出来ます。


目的地が見えてきました。


世界遺産に登録されたこの地域で、一番良く写真などで見られる景色がオフリド湖と湖畔に建つこの教会の景色ではないかと思います。

聖ヨヴァン・カネオ教会-Saint John Kaneo(Црква Св. Jован Канео)



向こう側に見えてるのはホテルなどのあるエリアです。


こちらの教会も中に入るのは100MKD、内部はカメラ禁止です。




ここも中ではフレスコ画が見られますが、イコンなども並べて置かれていました。



内部を紹介出来ないので周りの景色をお届けします。
湖の側の崖っぷちのような場所に立ってるので景色は良いですよ。

下にはボートが見えてます。

湖の水けっこう綺麗だね、底が見えるよ。

ラブラブなカップルも見えます。

天気が良ければ湖の向こうのアルバニア側もクッキリ見えるのかなぁ、、、などと、想像したりして。。。



関連記事
OSO001
Posted byOSO001