byOSO001

『Hotel Premier』の朝ご飯。。。【マケドニア、スコピエ】

Република Македонија

『Hotel Premier』

1泊だけのスコピエ滞在はあっという間に終わり。
翌朝も7時のバスに乗らねばならないので6時にはホテルを出なくては。。。

国や地域、ホテルによっては(特に小さなホテルなどでは)レセプションが24時間とは限らないし、朝早いと《誰もいないわ鍵は掛かってるわ!》ってな事になりかねないので予めレセプションの人に断っておこうということになり、言いに行った。

ホテルの朝ごはんは(確か)7時くらいからだったので食べられないなぁ、、、と思っていたら、
「5時くらいでもOK!」と言ってくれた。
なんて有難い~!

ホテルのご好意で朝5時半くらいに朝ご飯が食べられることになった。
ので、その朝ご飯を紹介。



レセプションデスクのあった真横に食堂へ入るドアがあった。

写真、左側のドア。



食堂はシンプル、テーブルと、奥に食べ物を置いた場所があるだけ。



食べ物は、、、と、

まぁ、こんな感じ。


ちょっと変わったところで、何故か缶詰がずらりと並んでいました。



こんなに缶詰ばっかり置いといたら『お持ち帰り』する人いるんじゃないですか~?



早朝ですし、食べたのもシンプルにこれだけ。

あんまり食べると今から長時間乗るバスで気分悪くなるしね~。

あ、一つハズレなのがあったわ。
ヨーグルトかな~、と取って食べたら、クリームチーズのような食感にチーズともヨーグルトとも分からない味の物。

何だったんだろ?これ。

ごめんなさい、残しちゃいました。





以前、チェコのプラハでも早朝に出発しなくてはいけない事があって、そう告げると、朝ご飯をお弁当にして持たせてくれたホテルもありました。
こちらでは7時からのところを1時間以上も早くに開けてくれました。

こういう優しさは異国で身に沁みて嬉しいです



関連記事
OSO001
Posted byOSO001