byOSO001

地下鉄 & 『アレクサンドル・ネフスキー大聖堂』  【ブルガリア、ソフィア】

Република България
ソフィアの地下鉄に乗ります。
目的地は一駅先なのですが段々と雨が激しくなってきたので地下鉄を使います。

切符は面倒なので1日券を購入。
4Lv(約2€)で地下鉄、トラムなどに全部使えます。


ホームへ降りるとこんな感じ、想像してたより小奇麗です。



焦って撮ったらブレちゃった


シンプルな車体、かつての共産主義の名残りのような可愛くない感じ。



一駅乗って降りたのはソフィア大学前の駅。
ブルガリア最大の国立総合大学で、5世紀にわたるオスマン帝国支配からの解放の10年後、1888年に創立されたブルガリアで最初の高等教育機関だそうです。
立派な建物ですね~、宮殿のようです。





大学横の公園になっているエリアを抜けたところが目的地。

丸い金色のドームが目立ちます。


公園内にはリラの花(ライラック)が綺麗に咲いてました。

ちょうど季節だったのか、他の場所でも良く見られました。





公園を抜けて到着したのはこちら

アレクサンドル・ネフスキー大聖堂(Храм-паметник Свети Александър Невски)


ネオ・ビザンチン様式の建築、ブルガリア総主教の本拠地であるこの大聖堂はブルガリア最大であり最も美しいと言われています。
正教会の聖堂としても世界最大級。
中央の金色のドームを入れて全部で12のドームを湛えた姿は丸みが強調されているせいか柔らかく優美な印象。

中央の金色のドームは高さ45m、前面鐘楼は50.52mの高さを誇ります。



内部は例によって撮影不可。。。
正面入り口の隙間からちょこっと撮ってみましたけど、中の感じ分かるかなぁ。。。

ちょっとトリミングしてみました。(クリックで拡大します)

内部はなかなか豪華。
正面祭壇部分は金で飾られ、壁画、天井画には大理石や瑪瑙をふんだんに使用したモザイクが多用されています。
ただし、ここも中が暗くて天井が高いために見づらいのは否めません・・・。
暗いのもあるのですが、壁画などの保存状態があまり良くないのか(?)黒ずんでいて見難いのもあるかも。

今までは見学だけしてましたが、ここで初めて入り口で売っているキャンドルを買ってお参りしました。
たいていの教会の入り口辺りでは黄色い細長い蝋燭が売られてます。
面白いのが金額によって大きな蝋燭になること。
値段は忘れましたが鉛筆より一回り大きいくらいのを買って正面祭壇のところに置いてお祈りしてきましたよ。



中は撮影できないので入る手前の入り口部分の細工を。。。

こちらの方が明るいので却って綺麗に見えるかもね

今までの教会ではいかにもイコン風な物が多かったのですが、こちらはイコン風でありながら西洋絵画的なニュアンスもある感じ?

モザイク画になってるのですけど、分かります?

のをちょっと大きくしてみました、これなら分かるかな?



さすがにこちらの教会は見ごたえがありました。
また、教会の地下にはイコンを集めた博物館があります。




関連記事
OSO001
Posted byOSO001