byOSO001

歩いたらお腹空いちゃった・・・ので。。。 【ブルガリア、ソフィア】

Република България


ジェンスキ・バザルからライオン橋の方へ。。。

と言っても、橋にライオンの像があるだけなのだが・・・。



歩いてホテルのあるマリア・ルイザ通りへと戻るのだが、朝ご飯の後、リラでドーナツ、その後にさっき2人で1個のパンを食べたっきりでお腹が空いてきたのを感じる。。。

空腹に勝てず、一旦ホテルへ戻ってからレストランへ赴こう!という計画はもろくも崩れ去り、マリア・ルイザ通りから東西に延びる道にあった、、、

1軒の店に目が行く。。。

漢字?中華料理屋さん?


ここで位置関係を説明。
こんな感じでございます。


ホテルまであと少しの所なのに、我慢できずに漢字の看板のかかる店に入っちゃった・・・。
外側は地味に怪しげだったが、入ってみたら割りと普通の店だわ。



あ、でも、持ってこられた取り皿とスプーン&フォークが「もしかして外したか!?」という予感をさせる。
まぁ、いいや、気にしない、気にしない



とりあえずビールと、

お茶
あまり良いお茶ではないが久しぶりにお茶を飲んだので(少しは)美味しく感じる。





さて、ご飯!ご飯!
まずはスープ。
でっかいドンブリのような入れ物で出て来たスープは、ダシが効いておらず超薄味だったので、テーブルにあった醤油を垂らして味の調節。


お次は春巻き。
これもデッカイ~
見た目は普通の春巻きだが、春雨などは入っておらず、千切りキャベツなどが入っていたような・・・(記憶が曖昧)
上に掛かってるタレが甘い~。
こういう味がブルガリアの好みなのかしら?


次に出て来たのはチャーハン。
チャーハン好きとしてはやはり頼んでおかねばならないメニューであろう!
しかし・・・
やっぱりデッカイ!
3、4人前はゆうにあるぞ、これ
味はミックスベジとキャベツ、タマゴだけのシンプルにしてはまぁまぁだね。
でも食べても食べても減らないわ~。


最後に出て来たのはこちら。
何に見えます?
メニューには『酢豚』(らしき英語)と書かれてありました。
酢豚にゃ見えんがのぅ~。
衣の硬いフリッターのような厚切り豚肉に↑の春巻きと同じ感じの甘~~~い甘酢。
しかも量が半端なく多いわ・・・。


それでも勿体無いからと頑張って食べていたところへ店長(たぶん)の女性が登場。
「いかがですか?美味しい?」と聞かれるのだが、正直者の(?)ワタシにゃ口が裂けても「美味しい!」とは言えず、かといって小心者なので本当の感想も言えず、出た言葉は・・・
「量が多くてお腹いっぱいです~!」
でした





ソフィアには割りと中華が多いって聞いてたので(←一体どこで?)美味しいんかな~?って軽い気持ちで入ったのだが、それらは概ね
ブルガリアに特化した中華!
ってことだったのね。

まぁ、いいわ、それもまたブルガリアの文化よっ!
と、自分を無理矢理に納得させたりして。

旅行の最中に(何故か)一度は食べたくなっちゃう中華料理、当たりもあればハズレもありますが、これもまた旅の面白さってことで・・・(?)





ちなみもお会計はこちら
全部で21.6Lv(約10€)、目を剥いて怒るほどでもないので、シャレで済みましたわ♪






関連記事
OSO001
Posted byOSO001