byOSO001

『セナド広場』 【澳門】

日帰り澳門

民政總署の目の前の道路、新馬路を渡ると目の前にはセナド広場。

セナド広場 - Largo do Senado -

お馴染み、マカオ市内観光の拠点となる場所ですね。

広場の中心には大航海時代の象徴、地球儀を象った噴水があり、その周りに旧マカオ市政庁,郵便局,観光局,仁慈堂などがあります。

こちらは
郵便局、残念ながら工事中のようで。。。



新馬路に沿ったところに、、、

両替できる場所があったので相方が両替に行く。

「ちょっと待っとって~」と言うのですぐ近くの木陰で休憩。

木の向こうに見える白い建物は、、、

『仁慈堂(Santa Casa da Misericórdia)』です。

1569年に設立された施設で、元々はポルトガルで15世紀後半に創設された慈善福祉団体なのだそうです。

真っ白な外観が印象的な建物で、

博物館を併設しているようです。

博物館への入り口は建物隣のちょっと洒落た小路側にあるみたい。



ちょっと時間は飛びますが、夕方のセナド広場。

夕方になってもまだまだ人で賑わっています。



今度は夜の様子。

夜になるとカップルさんが多かったです。





さて、マカオ観光の拠点、セナド広場から我々も観光を始めるとしましょう。




関連記事
OSO001
Posted byOSO001