byOSO001

『聖ドミンゴ教会』 【澳門】

日帰り澳門

セナド広場から続く石畳の道を歩いていると前方に見えてきた黄色いバロック様式の建物。

聖ドミンゴ教会 - Igreja de São Domingos -


1587年創建の最古の教会堂だそうです。
かつては木で出来ていたのだそうですよ。

中に入れるようなので入ってみましょう。

それにしても通りの名前や建物の名前がそれぞれアズレージョのタイルで書かれているのはとても良い雰囲気です。



緑に塗られた扉から中へ入ります。

中は意外に天井が高いです。

シンプルながら丁寧に造られた印象を受けます。



聖壇正面から。





ヨーロッパの教会に入った時と違って、お祈りしてる人の姿よりは観光で訪れてる人が多い印象。
お祈りの際に膝をつく場所(何て言うんでしょう?椅子の前に付いてる場所)に足を乗せてる人がいて、注意を受けていましたよ。
いくら観光地でも他所のお国の宗教施設を覗かせてもらってるのだから、礼儀はわきまえたいものです。






2階にも上がれるみたいですね。

2階には展示物などがあるようです。(行ってないのですが)



聖堂横の廊下。。。

廊下の格子窓から見えるのは中華の文字。
ポルトガルと中華圏の文化が入り混じった不思議な空間です。






関連記事
OSO001
Posted byOSO001