byOSO001

『聖ポール天主堂跡』 【澳門】

日帰り澳門


大三巴街を歩いて行くと目の前に見えてきました。
澳門と言えば!コレ!という、

聖ポール天主堂跡 - Ruínas de São Paulo -


(あ、今回の『香港・澳門編』では時系列を無視して紹介しております)

1637年に建てられたキリスト教会で17世紀当時ポルトガルの布教の中心となった教会です。
(ふと思い出しましたが、1637年って島原の乱の年だから、当時日本でもキリスト教はすでにかなり広まってたんですよね。)
3回の火災に遭い、3回目(1835年)の火災で現在見られるファサードのみの形に焼け落ちたということです。
西洋の建築の中に、東洋的な要素や文字なども刻まれているそうです。

<赤で囲んだ所に漢字が書かれています>
『念死者無為罪』と書かれている。

反対側には『鬼是誘人為惡』という文字。
キリスト教の教義を分かりやすく伝えるために「対聯」と言う形式をもって中国語で書かれたものだそうな。。。



手前の所は階段になっており、あっちでもこっちでも撮影大会が行われております。

ファサードをバックに何ポーズも写真を撮ってるのは十中八九、大陸から来られた方々とお見受けします(^^;)



とりあえず正面から。

人が多すぎてなかなか正面に回れない・・・。



モチロンここも世界遺産地区の一部です。



階段を上ってファサードに近づきました。

火災に遭ったものの、彫刻などは鮮明に残っています。



裏側へ回ると、、、ホントに壁一枚なのね。。。

裏側は階段が付いていて登れるようになってます。



1990年~95年の発掘調査により、元の全体像が明らかにされたとのこと。

現在ではその部分は足元がガラスになっていて基礎が見えるようになっています。



教会敷地内の端っこまで行くと建物があり、中に入れるようになってました。
あまりの暑さのため、中はエアコンが効いてるかな~、と期待して入ります。

確かにエアコンが効いて冷え冷えなんだけど、そこは、、、
地下納骨堂でした。。。


骨、見えてますけど・・・。

これらも発掘調査の際に掘り出されたものだと思われます。





それにしても暑い~!
根性無しなワタシは逃げ場所を求めて観光を一時中断します。

さて、どこに逃げましょうかね。。。







関連記事
OSO001
Posted byOSO001