byOSO001

澳門市内散策① 中華な澳門・・・。 【澳門】

日帰り澳門


ポルトガル情緒を求めて(ポルトガル本国が遠くてなかなか行く機会が無いので)澳門へ行ったのでありますが、世界遺産に指定されてる歴史地区などを除いた殆どは中華な街(当たり前)
でも、何故か行く前はもっともっとポルトガルな雰囲気があると(勝手に)思ってたんですよね~。

その反面、すっかりポルトガル情緒を前面に押し出した『観光地!』になってしまっているのかなぁ、、、と想像してたのが覆されて何となく嬉しいような・・・。
(↑ややこしい町並みが好き♪)

ガイドブックなどにはキレイな部分ばかりが載せられてるので、それ以外の中華な澳門を、見た範囲ではありますがご紹介。
(ポルトガルな所は次回に)



まずは(またしても)セナド広場横の大通り、新馬路から。

民政總署から少し行ったところの横道を覗いた景色。
『澳門四邑同郷會』と書かれた建物が目に付きました。

洋風の建物がそのまま中華風に使われてる感じ?



セナド広場へ戻りまして、キレイに整備された広場の横になぜか・・・
こんな路地が?

もう一つ発見。

広場自体は(せっかく?)キレイにされてるのに、ちょっとスペースがあるとこういう店が出てきちゃうのが中華!?



左はキレイにされて店舗が中に入ってる建物、右の工事中の建物にはお馴染みの竹の足場。

向こうの方~に見えてるのは澳門の(新しい)ランドマーク、グランド・リスボア、、、でも、その手前には昔ながらの建物がしっかり残ってたり。



大三巴街では1階部分には色んなお店が入って賑わってるのだけど、上の階はやっぱり香港辺りで見慣れたような住居部分。

同じく大三巴街、お店が並ぶ一角に突如現れたのは『女媧廟』

道教の神様を祀る中国寺院で、縁結びの神様としても親しまれているそうです。

↑『女媧廟』から賑やかな表の通りと反対の小路。



こんなのもありましたよ。



これも結構あちこちで見た薬草茶の店。



普通の街なかの風景なんだけど、横書きの漢字の看板が香港などと一緒だな~、、、と。(台湾などは縦書き)

この店も香港で食べた~!(本場は澳門です)

ミルクプリンで有名なお店ですね。

干し肉の店もやたらと目に付きました、名物なのかな?(シンガポールで有名な『美珍香(BEE CHENG HIANG)』みたいなヤツ)



これだけ見たら香港か澳門か区別付かない・・・。
でも良く見たら歩道が模様の石畳になってます、やっぱり澳門なんだなぁ。。。





関連記事
OSO001
Posted byOSO001