byOSO001

澳門市内散策③ カオスな澳門・・・『十月初五日街』 【澳門】

日帰り澳門


さて、今度はまた別の場所。

迷い込んで来ましたのはこんな感じの通りです。

なんだかレトロな雰囲気満点ではありませんか~!



こんなお寺(廟)もありましたわ。


中はどんなだろ~?と思って入ろうとしたら、何故か中でご飯を食べてるご一家がいらっしゃったのでそそくさと退散。
外からだけ写真を失礼させていただきます。



通りの方へ戻ります。

写真の看板は『草堆街』となってますが、これは大きな通りから(大きなといってもそんなに大きくはないが…)横に延びてる通りの名前で、歩いてる所は『十月初五日街』と言います。
この辺りで良く見かけたこの緑のタイルも年代物っぽい感じ?



この『十月初五日街』、ポルトガル革命を記念して付けられた名前なのだとか…(10月5日はポルトガルの建国記念日)
かつてこの場所は商業の中心として栄えたのだそうで、今でも古くからある店が立ち並んでいます。


ポルトガルにちなんだ名前の割りには店は中華な店ばっかりですけどね。。。

1軒のお茶屋さんに入ってみました。

ここもかなり古そうな店。

いつから置いてるねん!ってお茶の缶が並んでいました。



↑の店で茶葉などを買い、もう少し散歩してみます。
えぇ味出したおっちゃんが通ったので思わずシャッターを切ってしまう。。。

通りに並ぶ建物もかなり古くからありそうなのが多い。




残念ながら日曜日のためか、閉まってる店が殆どだったのですが・・・。

たまにこんな屋台があったりしましたわ。



おぉ~!
なんだかポルトガルっぽい門(?)があります、相当にくたびれた感じだけど。



しばらく歩いてるとこんな所に出ました。

何となく不思議な感じ!?

どうやらいつの間にか新馬路の端っこ(ソフィテル・マカオの辺り)まで歩いてきてたようです。
ソフィテルの向かい側には、これまた明治か大正のような感じの建物がありました。

うーん、澳門って何だかカオスな街です。。。






関連記事
OSO001
Posted byOSO001