byOSO001

ヤワラー(Yaowarat)

Bangkok
ワット・ポーから移動。
もう暑いし疲れてるのでタクシーで移動しちゃいました。

行き先はワット・ポーファラムポーン駅の間くらいにある『ヤワラー』と呼ばれる地域。
(タクシーで73THBでした)

近づくにつれ、ヤワラー独特の雰囲気と恐ろしいくらいの渋滞に巻き込まれる・・・。

タクシーから降りた場所はヤワラート通りと言う、この辺りの所謂目抜き通りです。
img_2_2019032117022604b.jpg img_3_20190321170228913.jpg 

あちこちに見える漢字の看板!

そう、ここはバンコクの中にある中国、中華街です。
img_5_20190321170229f8a.jpg img_6_201903211702317e3.jpg 
香港やマカオあたりでかつて見られたような感じの古びた建物が並びます。
古くからある建物などをそのまま今も使い続けて増殖しているような感じの街並み。

バンコク(タイ)だけでも相当なゴチャゴチャ感があるのに、更に中華なゴチャゴチャが入り混じってすごい混雑!
真っ直ぐ歩くのにも一苦労だわ~。

モチロン、道の両側には色んな店がギッシリ!

ギッシリの店舗の中でふと目に付いたヤツ。
小っちゃい屋台風のワゴンなのに『どんぶりマーク』が付いてるよ。
【どんぶりマーク】

タイ王室に縁のある「タナッシー・サワディワット」氏(料理通の人)が、タイ各地を(予告なく)食べ歩き、「美味い!」と認めた店(料理、食材など)に認定を出し、緑色のどんぶりマークの看板を出すことを許可したもの。
どんぶりの下に書いてあるのは彼のサイン。
スポンサーは『シェル石油』で「シェル・チュワンチム」と呼ばれています。

覗いてみると、、、
天津甘栗~!

これは栗好きには見逃せないわ

1kg・220THBと言われたがさすがに「1kgは多いわ~!」とオバちゃんに言うと、「じゃあ半kgね、110THB!」と箱に詰め始めちゃった。
まぁ、買うつもりだったからいいけどね~。

そうそう、こんなのも付いてました。
日本で甘栗を買ったら付いてる栗剥きの爪(?)
いかにも日本とかのヤツを型取りして作った~!って感じでしたけどね。。。

栗は小粒ながら美味しかったです

さぁ、このヤワラーでお昼ご飯の店へ行きますよ♪




関連記事
OSO001
Posted byOSO001