byOSO001

The Villa Hotel ②<Room編> 【ウナワトゥナ】

The Villa Hotel


Beach Road,Unawatuna,Sri Lanka
Tel: +94 (0) 91 2247253
Tel: +94 (0) 91 4380019
Fax: +94 (0) 91 4380257
Hotline: +94 (0) 777 327242
http://www.villa-unawatuna.com/

部屋の中へご案内

部屋は広くはありません、ドッカン!とベッドが置かれてあり隅っこにテレビとサイドテーブル、入り口側の方にチェアが2つと冷蔵庫でもういっぱい。
でも可愛らしくしよう~、という努力は見られるかも!?

フリフリ天蓋付きベッド
、、、と言うか、これはもしかして実用的な蚊帳かも!?
南国ですし、蚊帳と考える方がやはり妥当か。。。
ちなみに暑い国ですので、ふとん(?)はシーツ1枚です。

ついでに翌日、翌々日のベッドメイキングの様子を。
【翌日】
こんな風に変わってました、両サイドにシーツで扇形の飾り。

真ん中に黄色い花



【翌々日】
大晦日につき『Happy New Year』バージョン。

今回のお花はハイビスカスですね


こういうデコレーションしてくれるのって好きなんですよ(*^^*)
見た目が可愛いのもあるけど、以前に一度まだセッティングしてる時に部屋へ戻ってしまい現場を見てしまいました。
葉っぱを一枚ずつ丁寧に並べているのが印象的でした。
豪華ホテルではないのだけど、庭に咲いてる花や葉を摘んできて綺麗に並べる、、、何だかとても心地が良くなります。



では部屋の中へ戻ります。
ベッドと壁の間、広くないスペースに奥はタンス、壁側に冷蔵庫とチェアが2つ。

隣の部屋のカップルはこのチェアを廊下に出していたのだな。。。

タンスの上にエアコン。

こいつがブンブンと結構うるさい音を立てるのですが、すぐに慣れて気にならなくなりました(←図太い、体も太い)



部屋の電源は(一応)キーを差し込むと入るタイプ。

ドアのロック(窓も同じタイプ)はこんな感じ。
神経質な人ならもしかしてダメかも?

ドアに貼られた注意書き。
バスタオルをバスマットに使用しないでください!って、やった人がいるから書いてる???んだよねぇ


ベッド横のサイドテーブルにはなぜか蝋燭。
停電することもおまっせ~!って事なのか?(しなかったけど)



お次はシャワー・トイレ。
壁が斑になってるのはペンキが剥げてるわけではなくこういう塗り方をしているようです。

シャワーはちゃんと水量もありお湯も出ました(去年のインドでは水量もなくお湯もほとんど出なかった…)

ただ、シャワーの位置が高い~

日本人はチビなんッスよ、、、幸い可動式だったのでえっさえっさと下げましたけど。
仕切りは無いけど思ったほど水浸しにはなりませんでした。
シャワーの部分だけ少し低く段が付けてありましたので。

一応アメニティは置いてあったわ。(石鹸以外使ってないけど)





そうそう、窓からの景色も見ておかなくっちゃ♪

窓には格子が入っていて外側には2重に雨戸(鎧戸?)が付いてます。

ちょっと遠いけどちゃんと海見えるよ






充分、充分

これだけあれば充分快適に過ごせます~。

豪華ホテルも快適だけど、実際こういうトコの方が好きだったりして。。。(気楽だから)
少々ガタがきてるけど本物のアンティックの家具を飾りじゃなく使ってるのも好みです。

難を言えばベッドのスプリングがイマイチだった事かな~。
とか言いつつ爆睡してましたけど。
後、ゴキなどは出ませんがたまにヤモリや蟻が登場しました、害は無さそうなので放置してましたけど。





もう一つ、部屋の中で気に入っていた物。
廊下に面した方の壁の上から覗く扉や窓の飾り。
部屋から見るとニャンコの目のように見えて面白かったです






関連記事
OSO001
Posted byOSO001