byOSO001

ボビン・レースに魅せられて。。。 【Galle】

日も暮れかけたマガラ橋のすぐ近くにこの看板を見つけた時は、それまで歩いて来た疲れを忘れました~。

スリランカ、特に南部のGalleを中心とした地域の伝統工芸『ボビン・レース』の店です。オランダ統治下の時代に伝わった物が次第にスリランカ独特の図柄などを取り入れ、定着していったのでしょうね。。。




店の前に到着した時は灯りが消えていたので「もしやClose!?」と焦りましたが、店を覗いていたらすぐに明かりが点けられました。
img_1 (1) img_2 (1) 

Harshi Lace Palace


No.237, Matara Rd, Megalle, Galle
Tel: (94)91-2242872

『OPEN』の文字を確認してホッ…。

入ってすぐの所にレースの編み台がディスプレイされてました。

店に入るとすぐに写真のオバサマが出て来て、おもむろに編み台で編み始めました。

しばし、編むところを見学。

模様の所にピンを刺し、沢山の巻き糸を使って編み上げていきます。
すごく複雑で、しかも手が速いのでどうなっているのやら素人の我々にはサッパリ分かりませんが、一目一目丁寧に手作りされている事は分かります。


編むところを見た後、オバサマ&店の娘さんがあれこれと品物を見せてくれました。
テーブルクロス、ランチョンマット、クッションカバー、、、、、などなど。

何を買うかは決めてなかったので迷う、迷う・・・。

小さい物から大きな物、色も真っ白な物や生成りっぽい物、様々です。
レースを部分にあしらった部屋着やバッグなどもありました。

早よ決めぇな~!
看板猫も呆れ顔の迷いっぷりでした、オバちゃん&娘さん、ごめんなさいね。。。

で、こんなの買ってきました。
大きさは様々、一番大きいのでランチョンマットくらいでしょうか。
コースターくらいの大きさの物や鍋敷きくらいの大きさの物が多いかな。

うーん、美しい~

糸の宝石とも言われているのですって


一つ一つ編み方が違っているの分かります~?

あ~、歩いた価値ありました。
見つかって良かった♪

この近くに他にも小さな店がありましたが、さすがに暗くなってきたので残念ですが宿に戻りました。

この時買ったのは↑写真の全部でも5000円くらい。
大人買いしても大丈夫です!
ちゃんと手間ヒマ掛かった手作りなのに、これだけ買ってもこの値段。
もっと欲しかったけど家に飾る場所が無いのでこのくらいで・・・。
(これでもどうやって飾ろうか未だに悩み中です)


スリランカのお土産に、紅茶もいいけどボビン・レースもいかがですか~?



関連記事
OSO001
Posted byOSO001