byOSO001

プチ鉄子気分① 【マウント・ラヴィニア】

ホテルの外へ出てみましょう。

正面から出ると外の道に繋がる所に小っちゃな橋があります。

その橋の下にはテラスからもチラッと見えた線路、鉄道が通っています。

列車が通ってない時には普通に道として使われてるのか?
でも線路って結構歩きにくいよねぇ?

ホテルを背にして右手側に見えるのが列車の駅。
あの駅まで歩いて行きます。

近いのですぐに到着。

MOUNT LAVINIA駅です。

わ~、なんだか良い雰囲気ではありませんか~!?
イギリス統治時代、スリランカ内の農産物(コーヒーや紅茶など)を輸送する手段として鉄道が敷設されました。
本数もさほど多くなく旅行者には利用するにはちと不便ではありますが、今回はそんなに急ぐわけでもないので乗っちゃいます。

2004年、スマトラ島沖の地震で、海岸沿いにあるこの鉄道も大きな被害を受けましたが、現在は復興されております。

中に入ると両側に一つずつの窓があるだけの小さな駅舎。
img_7 (1) img_8 (1) 

こちらが窓口、切符を買いましょう。

時刻表。
これを見ても本数の少なさが分かります。
でも手書きの感じがなんだか良いね♪

今回はマウントラヴィニアからコロンボの市内へと向かいます。

こちらが切符、昔懐かしい感じの厚紙の切符です。

ホームへ!




例の音楽が聞こえてきそうなムード満点です。
ちゃらっちゃっちゃちゃ~らら~



コロンボ方面への列車は向こう側のホームのようですので渡りましょう。

陸橋からホテルが見えます。


っちゅう事で、しばらくプチ鉄子の記事にお付き合いのほど、宜しくです♪

つづく。。。



関連記事
OSO001
Posted byOSO001