byOSO001

美市街から民族路~大明路、ローカルエリア 【鹿港】

九曲巷を出て、中山路へ戻らずに反対側の道へ出てみました。

ちょっとローカルな地元の生活感が漂うエリアのようです。



何だ?コレ?

と、見ていたら、作業をしていたオッちゃんが「豚の皮を干してるんやで~!」と。。。

大変っ!早く離れないと我々も皮を剥がれて干されてしまいます~


最初見た時はスルメかと思ったわ。



美市街という道を歩き、民族路を越え、大明路という辺りまで出てきました。

どうやらこの辺りにはローカルな小吃の露店がたくさんある模様。

カラスミってこの辺りの名物なん?

台湾風(?)ポテト、これ結構あちこちで見かけました。

食べたかったんだけど、こういうのって一つ頼むと思ったより多い量が出てくるんだよね~。

蓮霧の季節だったらしい。。。

テンプラもあるよ。





ここにもこんな路地があるわ♪





ここで相方がコレを食べたいと言い出したので寄り道。

麺線糊のお店。
この辺には他にも何軒もありました。

とりあえずこのオバちゃんの店へ。


そういえば麺線って初めてだ。
何となく食べる機会を逃してたんだよね。

スープはトロリとしたとろみがあり、思ったよりアッサリ、麺は日本の素麺に似てると思いました。

そういえば『世界街あるき』で見た牡蠣入り麺線(蚵仔麺線)を食べるとか言うてましたけど、別にえぇのん?
麺線

彰化では伝統的で春雨のような細い麺線を食べられるところは鹿港です。材料も良質だし量もたっぷりので代表的な鹿港グルメとなります。
美味しいコツ・・・とろみがきいた麺線が箸で挟まずにスプーンで食べることは鹿港だけ特別な食べ方といえます。
材料・・・台湾でよく見かける豚の大腸又は牡蠣を入れずに豚肉、卵、蝦を主な素材とします。
美味しい情報・・・彰化県鹿港鎮の民族路、大明路及び中山路へどうぞ。
特別な紹介・・・鹿港の麺線ほかに福興郷福興中学校の前にある麺線は滑るようにまろやかな味わいで口に入れると溶けていきます。また、和美鎮和南里和平街の町内にある手作り麺線はみずみずしくて、花壇郷電信局側にある牡蠣入れ麺線はスープが爽やかで麺線の色が赤いです。作り方によって独特な風味を持っており是非食べてみてください。
彰化県政府観光情報より



続いてはこちらのテンプラへ。

どれにしようか、、、と言っても種類が分かんないので適当に選ぶ。

丸いのにしてみました。

ちょっと上手く撮れなかったんだけど、牡蠣入りのテンプラでした。(牡蠣の苦手なワタクシ、食べられず…)

食べた本人は美味しかったと言うておりました。



テンプラを食べる場所が無かったので道端に座って食べておりましたら、目の前に何やらレトロな建物があるのに気付く。

よし!あそこへ行ってみよう~!
と、向かいます。。。





【MAP】



関連記事
OSO001
Posted byOSO001