byOSO001

Templo Conventual de Santo Domingo de Guzmán(サントドミンゴ教会) 【プエブラ】

ではちょっとお出かけしましょうかね。。。


ホテルを出てソカロを越え、5 de Mayo(5月5日通り)を真っ直ぐと進みます。


【MAP】




着いた所はこちら

Templo Conventual de Santo Domingo de Guzmán(サントドミンゴ教会)


Calle 5 de Mayo y 4 Poniente


1571年~1647年にかけて建築された教会だそうです。

外側はスルっとした地味な感じの石造り。



中は?


ちょうどミサをしてましたので主祭壇の所は横から遠慮がちに撮影(←小心者ですので…)
内部は白を基調に金で縁取りされた、でも、派手!って感じではない上品な色合い。



がっ!
主祭壇から左手側にあるこちら、

ロサリオ礼拝堂


おぉ、ここにもタラベラ焼きが~♪



、、、じゃなくて礼拝堂の中です。

ちょっと薄暗いけどフラッシュ無しなら撮影OKでした。

メキシコ・バロックの最高傑作とも言われる装飾がされた礼拝堂なのです~。

教会が完成した後の1690年頃、増設という形で完成したのだとか。

浮き彫りの装飾にはこれでもかっ!?ってくらいの金箔。

豪華です。



そしてその祭壇に飾られるマリア像。

ガラスの奥に入ってるので反射して撮り難い…。
やっぱPLフィルター欲しいなぁ。(高いんだよね


ちょっと見づらいのでマリア像の部分をトリミングしてUPにしてみました。
分かるかしら?
その頭に戴かれた黄金の冠はふんだんに宝石が使われた物なのですよ~


ほらほら、こうさぎちゃん、光モノよ~!

祭壇側から入口側を見たところ。

礼拝堂一つ丸々金ピカ豪勢な造りになっております。

ここプエブラと近郊のチョルーラだけでも500以上もの教会があり、ここはその中でもピカイチなのだそうで、必見です。



キンキラな礼拝堂も見たことだし、次へ行こう~、と教会を出ようとした時に入口近くにあるコレに気付きました。

まぁ、ある意味良くあるキリスト像なんですけど、その中にある『モノ』が…

・・・・・

・・・・・

・・・・・

まさか、本物じゃないですよね???

聖遺物だったらこんなトコに剥き出しに置いてないよねぇ???




関連記事
OSO001
Posted byOSO001