byOSO001

タイルの街♪(タラベラ焼き①) 【プエブラ】

プエブラ!
と言えば『タラベラ焼き』!(個人的に)

元々は16世紀頃、スペインから伝わったものですが、他の地域(中国磁器など)の影響や先住民の文化や美術と交じり合って独特の味わいを持つ陶器となりました。
プエブラ周辺には焼き物に適した土があったことからこの地に工房が作られ、そこで作られた陶器やタイルは生活の場や建築の装飾にたくさん使われることとなったようです。

そんなプエブラでは街を散歩するだけでも目にも楽しいタイル装飾の建物がいっぱい~♪
もう陶器やタイル好きには堪らない街並みなのであります。



こちらはソカロ(カテドラル)近くにある州庁舎。

四方の壁がタイル装飾になってます。



所々、絵タイルも。

うーん、ウットリ。。。

クリックで拡大





他にも、こちらは歩いててたまたま見つけたモノですが、凝ってます。






ウチの壁もこんなのにしたいわ~。






これはソカロ付近のお店だったかな?

白とブルーでシックな感じ。





道の案内や、、、

建物の案内もあります。





そして、これらのタイル、他の場所にも色々と使われているのですよ。

それは続きにて。。。





関連記事
OSO001
Posted byOSO001