byOSO001

Museo de Arte Religioso Ex Convento de Santa Mónica     【プエブラ】

プエブラの街なかを少々観光いたします。




やってきたのはこんなカラフルなペイントの建物。
img_0_20190321012334a6c.jpg img_1_2019032101233679e.jpg 
サンタモニカ宗教美術館、という所です。

Museo de Arte Religioso Ex Convento de Santa Mónica


Av. 18 Poniente 103
Centro Histórico
CP 72000, Puebla, Puebla
Tel: (222) 232 01 78
入場料はこちら、一人35N$でございます。(250円くらいか?)


中に入ると緑のパティオを持つお屋敷!?

いえ、こちら17世紀頃に建てられた修道院なのです。

ガイドブックによりますと、裕福で贅沢になりすぎた宗教施設の財産を没収することも含む法律が1857年に施行されたのですが、こちらの修道院は普通の民家に見せかけて70年以上もの間その難を逃れたのだとか!?

秘密の宗教生活を送っていた修道院って感じでしょうかね。



入場料を払いましたので勿論中へ入れます。

宗教美術館という名前だけあって、宗教絵画などを始めとする美術品(?)も展示されてますが、あまり宗教絵画などには興味がありません。
目当てはそこここに贅沢に生活の場に使われているタラベラ焼きのタイルです(←またかいっ!)

こちらは修道女の宿坊かな。
お風呂がありますよ。

そういえば子供の頃って家のお風呂もタイル張りの浴室だったなぁ。
最近はどこもユニットになっちゃって面白みがなくなってしまってるけど…。



やっぱり見てて楽しいのは台所とかかなぁ。

鍋、釜、皿なども全部タラベラ焼きだなんて、考えたらすごいぜいたくよね。

こういうのを見るとDIY心がくすぐられる…。


何か突発的にやらかしてしまいそうになります。



このペイントってちょっと中国っぽい感じがします。




棚の上にミニチュアを発見!
ほっ、欲しい~!!!



地下?に何かありますがここは入れません。
礼拝堂かな?と思います。


階段を上って2階へ。

きゃあ、美しいわ♪



何故か一部だけ見えている壁に描かれた絵。

何かの時に塗り込められちゃったのかしらね?

何に使う物かは分からないけど可愛いので写真を撮っておこう!


2階の回廊から先ほど入ってきたパティオが見えます。

こういう雰囲気って好きだな~。


一旦階下へ降りて、最初に入ってきたパティオから隣にあるもう一つのパティオへ。
緑が美しく、オレンジの木が植えられてるのがコルドバのメスキータのオレンジの中庭を思い出させます。

青と黄色のタイルの噴水も良いですね。
残念ながら水は出てませんでしたが。。。



あれ?宗教美術、ほとんど写真撮ってないや…( ̄▽ ̄;)




関連記事
OSO001
Posted byOSO001