byOSO001

北京で買ったもの

 

 

2002年8月と2003年3月に中国・天津の大学へ中国語の短期留学へ行った。
それぞれ1ヶ月ずつだったので、正確には留学などとは言えないが、まぁ、よい事にする。
その間に大連・上海・蘇州などへも行ったが、何といっても北京は列車で1時間ほどなので、休日にキタやミナミや甲子園に遊びに行くくらいの感覚である。

北京に行ったらやってみたい(行ってみたい)事(所)があった。
日本での中国語のテキストに出てきたところを周るのだ。
北京駅から地下鉄とバスを乗り継いで、円明園へ行き、北京電影学院を通り、老舎茶館へ行った。
テキストには老舎茶館でお茶を飲みながら舞台で演じられる出し物を観るのだ。
お茶は好きな茶葉を頼むとそれを入れた茶碗をくれて、沸かした薬缶のお湯をくれる。
お湯はおかわりできる。
茶葉は茶碗に入れたままなのでふたで葉っぱを上手くよけながらお茶を飲む。
そうだ、テキストでは茶館に置いてある編鐘という鐘についても話していたな。ああ、舞台に向かって右側の壁に置いてある。でかいな。
せっかくなので、茶葉と今使っていた茶碗と同じ湯呑みも買って帰ろう。

『老舎茶館』は北京の地下鉄前門駅からすぐのところにある。
茶菓子をつまみながらお茶を飲む場所とレストランに分かれている。レストランは予約した方がいいかもしれない。あまり安くはないかもしれないが、何だか由緒があるらしい。
茶葉や、茶器などのお土産を売っている小さい売店もあった。
日本語は通じなかった(今は通じるのかなぁ?)

あ、ツアーではなぜかあんまりコースに入れてもらえないが『『円明園』もなかなか。
特にNHKドラマ『大地の子』ファンは必見っす。
一心と月梅が再会する場面の公園です。(古すぎて誰もわからんか…)
昔のローマ(ギリシャか?)の遺跡を模した物が英仏軍に壊されたままの姿で現在は公園になっております。市内中心より少し北の精華大学の近くです。

関連記事
OSO001
Posted byOSO001