byOSO001

Zocalo(ソカロ) 【メキシコシティ】

Zocalo(ソカロ)

メキシコの首都、メキシコシティの中心とも言えるソカロはかつてアステカにおいても中心地でした。
アステカ時代にはテノチティトランと呼ばれ、テスココ湖と呼ばれる大きな湖に浮かぶ都市であったそうです。
16世紀スペインの侵攻によりそれらは埋め立てられその上にあらたにスペイン風の都市が築かれました。
だからテノチティトランは今のシティの地下に埋まっちゃってるのですね。


どんな水上都市だったのか見てみたかったな~。
(シティ郊外のソチミルコへ行けばその面影を残す街並みが見られます)



さて、シティ散歩はまずソカロへ行ってみることにしましょう。
幸いホテルからも近いですし。
【MAP】



ホテルから出てすぐの所。
El Palacio de Hierro?氷の宮殿???

いえ、宮殿ではなくメキシコの高級デパートのようです。
我々はブランド買いなどはしないので入りませんでしたが、興味ある方は入って見てみてください。
El Palacio de Hierro
一応リンク貼っておきます。



出て来ました、ソカロです。

メキシコシティは相方は大昔(笑)に来たことがあるそうですが、ワタクシは初めて。
細~~~くなった記憶の糸を手繰り寄せる相方に先導してもらいます。
(その割には写真撮るので先導者を無視するワタシですが…)←すぐにはぐれるアホ


こちらはソカロ南側に位置する連邦区庁舎。

壁のタイルが素敵すぎる♪

昔のスタイルの建物って周りが屋根の付いた回廊のようになってるのが良いなぁ、こういうのすごい好き!
(雨でも濡れないし)

それにしてもソカロ周辺はこの日(5月1日)は警備のお巡りさんでいっぱい。
最初はお巡りさんに遠慮して写真も撮りにくかったのですが、ワタシの持ってるカメラ(白いk-x)が気になるらしい会話が聞こえてきましたので顔を見るとあちらから笑いかけてくれましたよ。
なんだ~、お巡りさん、怖くないじゃん!
ってことで、お巡りさんも激写!

ヘルメットに手をやってるお巡りさん、この後メッチャ照れ笑いでした。

何故かワタクシ制服組さんやオッちゃんに受けが良いらしく(理由は不明)スリランカでも銃を持った警備の人や軍人さん(?)にも笑いをいただいております。
皆様おデブが好みなのでしょうか?


連邦区庁舎から北側を見るとソカロ。
メッチャ広いです。

その向こう側に見えているのはカテドラルです。

ソカロの真ん中にはメキシコ人が愛して止まない巨大国旗!

1日2回、国旗掲揚と降納の際に陸海空の軍人さんによって旗の上げ下ろしがされます、これは見もの!


ソカロ東側にあるのは国立宮殿。



植民地時代のスペイン副王の居城であった建物、現在は大統領官邸として使われていますが、一部見学者に開放されているエリアがありますので、ここも後ほど行きます。


ソカロ北側にあるのはメトロポリタン・カテドラル。

メキシコのカトリック教会の総本山です。

1573年着工、1813年完工、って、、、え?200年以上もかけて完成したって事!?

(1681年には一旦完成したが、その後改築されて1813年に完工されたそうです、元の部分は後で完成した中に組み込まれてしまっているとか…)

こちらのカテドラルには『黒いキリスト像』というのがあるそうなんですが、訪れた時はちょうどミサの最中で(今回こればっかりや…)表に立ってる係りの人に「ツーリストはダメ!」と言われて入れませんでした。
スペイン語を解さない英語圏の人が何を言われてるか分からずにキョトンとしている姿を見て「ふふふ、普段英語が分からずに苦労している我々の気持ちを思い知れ~!」と考えてしまったワタシは性格が悪いッス。

カテドラルの外側で見つけた変な像、何故お腹にマリア様の顔が!?

入れないので外から撮影。

外から中を見ると照明が落とされて真っ暗でしたが、さすが高感度に強いカメラ、撮れましたがな!






国旗掲揚(降納)の様子、国立宮殿の内部はまた後ほど別記事にて。


関連記事
OSO001
Posted byOSO001