byOSO001

ペルー③マチュピチュへ

列車の中で夜明けを迎える。
クスコの町に朝陽が昇るのが車窓から見ることが出来る。

 


VISTADOMEでは朝食が出る。
簡単なサンドウィッチとフルーツ、コーヒーと水。


列車はアンデスの山を抜けて約3時間でマチュピチュ遺跡の麓の町、アグアスカリエンテスへ到着。
ここから遺跡へはバスで行く。
つづら折りのハイラムビンガム・ロードを約20分。



遺跡の入り口に着く。
 

遺跡内にあるホテルは1軒
『Machu Picchu Sanctuary Lodge』
Machu Picchu, Cusco, Perú
Tel: +51 84 21 1039/38
Email: res-mapi@peruorientexpress.com.pe

遺跡をとことん満喫したい人向け、値段は高いです。(とても泊まれませんわ)
通常はクスコからの日帰りツアーか、麓のアグアスカリエンテスに宿泊するパターンが多いです。

遺跡の入場料は我々が行った2002年9月現在でUS$20-、ペルーのソレスでs/.72でした。
その時は入り口の窓口で買えたのですが、その後は値段の変更、購入場所がアグアスカリエンテスのみ、ソレス払いのみ、などしょっちゅう変わるので、その時々で調べた方が良いでしょう。

いよいよ、遺跡内へ。
段々畑のアンデネスに続く道を歩いて行くとお馴染みの景色が見えてきます。

<入り口側からのマチュピチュ>

か、感動…。なが~~~~~い間夢に見た景色が目の前に。

早朝はもやがかかっている山からちょうど全景があらわになっている。

今日はアグアスカリエンテスに宿をとっているので、一日遺跡を堪能できます。
(日帰りツアーだと帰りの列車が15:00発なので昼過ぎには帰らなければなりません)


あ、遺跡の中は食べ物などの持ち込みは禁止で、ペットボトル等も持って帰ります。一切のごみは持ち帰りで遺跡に残してはいけません。
(遺跡の入り口のところには軽食など取れる場所があります)
また、入場料金などが高いのは遺跡の保護のためだと聞いています。
関連記事
OSO001
Posted byOSO001