byOSO001

台湾(台北・九份)④

台北2日め

朝食は善導寺駅近くの『阜坑豆奨』で蛋餅を食べたかったのですが、
ホテルの朝食も試してみたいというツレの要望を取り入れホテル3階の朝食室へ。
結果は前述の通り、惨敗。やはり外食すべきでした。
ホテルで朝ごはん付きとかあるけど、台北とか他の国でも、安く美味しく朝食を食べられる所なら
権利放棄してもやはり外でたべるべきですね。

まぁ、今回は初台湾のツレの意見優先なので、「算了把!」ってとこですか。

ともかくも、朝食を終え『故宮博物院』へ。
地下鉄台北駅で淡水線に乗りかえ士林へ。
そこからはバス。ちょうど「紅30」のバスがやってきました。
悠遊カードは便利ですね~、バス代もいくらか気にせずに乗れるし。

故宮博物院は改装も終わり(一部レストランはまだ工事中ですが)すっかりきれいに。
 

故宮博物院については公式サイトで詳しく載っています
http://www.npm.gov.tw

前に来た時は改装中だったので、目玉の玉の白菜や東坡肉は別館に置かれていましたが、
今回は本館を1階から順番に見ていくと3階でお目にかかれました。

<日本語の案内>

しかし、すごい人です。
9時オープンで9時過ぎに来たんですけどね。
連休絡みで団体さんが多かったです。
相方も今ちょうど社員旅行で北京に行ってるし、社員旅行の時期なんですかね?

目玉の玉の白菜なども良いのですが、象牙の恐ろしいくらい細かい細工や東西文化の混在した時代の陶器などが面白いですね。
西洋風の飾り壷とか箱、皿や、ペルシア紋様を取り入れた磁器とか。
逆にヨーロッパの宮殿や博物館にも中国磁器などが置かれているし。
両方見ると本当に海や陸のシルクロードで交易が行われていたのだと実感できます。
関連記事
OSO001
Posted byOSO001