byOSO001

おいてけぼり

スペインへ行くには(イベリアが撤退して以来)、西の果てなのでどこかを経由して飛行機の給油をしなければならない。

2001年に行った時はエール・フランスを利用した。
なんで、エール・フランスにしたのかは憶えてない(たぶん、お得な値段が出ていたのだろう)
しかも、張り込んでビジネスクラスだよん。

なのに、なのに、マドリッドからの帰りの乗り継ぎ便が遅れて、CDG空港に置き去り。
だいたい、遅れたのはそっちだし、チェックインもマドリッドでちゃんとやってるんやで!
しかも、しかも、しかも、走りに走ってぎりぎりだけどゲートにも辿り着いたんや~。

ゲートは無情にも閉められ、パリに置いてけぼり。
どーすんの?明日、仕事やで。

ともかくもカウンターにクレームを!
フランス語?そんなもん知らん。英語じゃうまく怒りが伝わらん!
日本語しゃべるヤツ出せ~~~!!!!!

結局、次の日の便とエアポート・ホテル(ソフィテル)、日本へ連絡するためのテレフォン・カード、
今日の夕食(宿泊ホテルで)、アメニティ、等々を出させ、荷物も持って来させて、なんとかホテルに落ち着いた。

ホテルはこんなんでした。

街にも出てみたけど、日曜日でどこもかしこも休み。
ルーブルに行ってみたけど、既に閉館時間。

カフェに入ってとりあえずコーヒーでも。
なんじゃ?このカプチーノ?でかけりゃいいってもんじゃないのよっ!


たまたま開いていた酒屋でワインを買ってホテルでヤケ飲み。


今年2007年も大韓航空がパリ経由で、またもロスト・バゲージ…。

もう、何があろうと、安かろうと、乗り継ぎが良かろうと、絶対絶対絶対パリ経由はしないっす。
関連記事
OSO001
Posted byOSO001