byOSO001

ハイジの景色、クララ編

フランクフルトに連れて来られたハイジとクララは仲良くなりハイジがアルプスへ帰った後、クララも療養を兼ねてアルプスへと行きます。
クララがハイジのところへ行く前に行った温泉はマイエンフェルトの隣町の
『Bad・Ragaz』です。
ここは温泉保養地で現在でもたくさんの温泉施設があります。
作者のヨハンナ・シュピーリもここの温泉ホテルへ行っていたそうです。

<フランクフルト・アム・マイン駅> <フランクフルトのコンディトライ>
 

                   <広場を囲んでドイツっぽい建物が並ぶ>
            

<ラガーツの温泉と言われていたところ>
『Grand Hotel Quellenhof』がおそらく舞台となり、シュピーリも通ったホテルと思われるのですが、
この時は改装中だったので、系列の『Gurand Hotel Hof Ragaz』に宿泊。
  
  


朝食はビュッフェ・スタイル

まぁ、ハイジの世界を堪能しようと、思い切って泊まったホテルで、きれいで落ち着いていて、
温泉施設も充実していて…なのですが、ヨーロッパではこういうホテルってお年寄りばっかりなんですね。
知らなかったし、そんなこと。
でも、ホテルは良かったんですよ~。興味ある人はぜひ。


<ホテルの部屋にあった絵はがき、スパ施設のでっかい温泉プール>
関連記事
OSO001
Posted byOSO001