byOSO001

Teotihuacán(テオティワカン)④<月のピラミッド>

【これまでの記事】

テオティワカンへ…
Teotihuacán(テオティワカン)①<ケッツァルコアトル神殿>
Teotihuacán(テオティワカン)②<博物館>
Teotihuacán(テオティワカン)③<太陽のピラミッド>

Teotihuacán

【MAP】


月のピラミッドを目指して歩きます。
月のピラミッドはA.D.100年頃から建設が始まり、400年頃まで増築が続けられました。
太陽のピラミッドの底辺が222mなのに対してこちらは150m、少し小さくなります。

テオティワカンに最初に人が集まりだしたのはこの月のピラミッド周辺なのだそうです。
最初はこんなに大きくなかったピラミッドも改築(増築)を繰り返し(前のピラミッドに被せて新しいのを造る)このように大きなピラミッドの出来上がり~ってワケですな。

更にこちらのピラミッド、段々と近づくと後ろの山の稜線と上手く重なるのです。

これも偶然ではなく計算されて造られたものです。
山も神聖なものとして信仰されていました。





太陽のピラミッドから月のピラミッドへ行く途中(↑地図⑥辺り)こんなのがありますのでお見逃しなく♪

プーマの壁画と書かれてあります。

ここ、案内が意外に地味なのでウッカリしてると見逃しちゃうかもしれないので注意してね。

顔のところが剥落してるのが残念。。。

端っこの方にも何か描かれてるような感じがするのですが、うーん、ちょっと分からないですね。



また、この辺りは壁に赤い漆喰が残ってるところがチラホラありました。



さて、こちらの月のピラミッドに登・・・

・・・らずに(笑)

左側へ行きます。(MAP⑦)

『ケッツァルパパロトルの神殿』があります。


う、、、ロープが邪魔だ…。



↑の所はロープが張ってあって入れなかったので(この時は)裏側へ回ります。

何かグルグル迷路みたいになってる?
どこが入口なんだか???



裏側にあるケッツァルパパロトル宮殿に隣接している『ジャガーの宮殿』の方から入ることが出来ました。

おや!
ここは壁の漆喰に絵が確認できるほどに残っている箇所があります。

この辺も赤い漆喰が残ってる♪





ちょっと長くなりそうなので次回へ続きます。。。





旅行前に色々調べてた段階ではのケッツァルパパロトル宮殿も表側から入れる(ような)感じに思えたのですが、何しろ広い遺跡、その時どきによって修復していたり調査していたりで見られたりダメだったりする箇所が違うみたいですね。
まぁ、こればっかりは仕方ないってトコでしょうか~。





関連記事
OSO001
Posted byOSO001