byOSO001

Teotihuacán(テオティワカン)⑤<ケッツァルパパロトル宮殿、ジャガー宮殿、他>

【これまでの記事】

テオティワカンへ…
Teotihuacán(テオティワカン)①<ケッツァルコアトル神殿>
Teotihuacán(テオティワカン)②<博物館>
Teotihuacán(テオティワカン)③<太陽のピラミッド>
Teotihuacán(テオティワカン)④<月のピラミッド>

Teotihuacán

【MAP】
img_18.jpg 

img_19.jpg 



続きです。

ジャガーの宮殿を進んで行きますと、小部屋のようになった所があります。
そこにはこんな風に、、、

壁画が残っている場所が~♪



更に隣の区間(部屋?)
img_2_20190321005428ddc.jpg img_3_20190321005429e7e.jpg 
ハッキリ残ってます~!

ジャガー羽毛の付いたほら貝を吹いています。

羽毛の付いたほら貝もまた良くみられるモチーフ。

何で貝に羽毛!?
と、疑問を持ってはいけません(分かんないし)
とにかく神聖な物には何でもかんでも羽毛の飾りを付けちゃうんだな!と、勝手に思うことにしてます。

ジャガーさんの周りに描かれてるホッシーみたいなのは(たぶん)トラロック(雨神)

ホッシーとホッシーの間にいるロボットみたいなヤツもたぶんトラロックでしょう、◎◎が付いてるし(←それが目印なのか!?)



更に隣の部屋。
ロープが掛かってて中に入れないので何か重要な物でもあるのか!?

と、望遠で撮ったら、、、
何もないじゃん!





気を取り直して次行きます。

先へ進むと隣接するケッツァルパパロトル宮殿の地下に埋められた古い神殿へと続きます。

古代の人が「これ、もう要らないから埋めちゃえ~!」と埋めてその上に新しい神殿や宮殿を建て、それを後世の人がご丁寧にまた掘り出して修復しているというわけですね。
考えたら面白いかも。。。

ちなみに掘り出されたのは1960年代だということです。

ホンマに埋められたっぽい感じが…





神殿の方へ行きます。

可愛い花模様と羽毛の付いた貝のレリーフがあります。




その下には壁に描かれた絵が残っていますよ。

鳥さんの絵です。





入れない奥の方にも何か見える。

◎◎模様が見えるので水に関係した神殿かな?





長々とテオティワカンにお付き合いくださりありがとうございます~♪

とにかく広い!大きい!
ピラミッド一つ、といった遺跡ではなく、古代に20万人もの人が暮らしたと云われる大都市の遺跡ですので当たり前といえば当たり前なんですけど。
細かく見れば今回見た場所の他にもまだまだあります。(宮殿とか住居跡とか壁画とか)

修復自体はかなり進んでいてどこもかしこもコンクリで固めてしまって見た感じの趣という部分では少々欠けるところがあるのですが、このテオティワカン、超有名でありながら調査(どういう物であったのかという解明)は全体の10%にもならないというのですから、実はまだまだ謎だらけなんです。

そういう意味では想像力も掻き立てられるし不思議な街だったんだなぁ、と。。。
行って良かったと思いますよ♪



関連記事
OSO001
Posted byOSO001