byOSO001

スペイン紀行(バルセロナ・ランブラス)

スペイン紀行

バルセロナ

ホテルは最初の1泊は予約していた。到着が夜になるのがわかっていたから。
ランブラスのある『Hotel Intelnational』空港バスの停まるカタルーニャ広場から地下鉄で1駅の
Liceu(リセウ)駅近くだが、広場からは歩ける距離。今は改装して小奇麗になったみたいだが、この時は
3つ星ってふざけんな!ってくらい質素でボロいホテルだった。
『Hotel Intelnational』
HUSA HOTELS

ランブラス付近は当時より観光客狙いの犯罪が増えたみたいですね。要注意です。
表の通りは広くて店も多く明るいですが、路地に入るとちょっとヤバ気に薄暗いです、特に夜は。
常識的に注意してれば大丈夫だと思います、入り組んだ路地にもお店などもあるし、旧市街の雰囲気充分なので、
注意しながらでも見るのは楽しい場所です。
ともかく、明日からの旅の始まりに備えて寝るだけだ。
翌朝、朝食付きだというので食堂へ行くと硬くて丸いパン2つとコーヒーを出された。
こんなもんさね、ヨーロッパの朝ごはんなんて。外で何かたべるからいいや。
さて、ホテルのレセプションに荷物を預けて通りへ出た。今夜からの寝床を確保しなければならない。
路地に入って2,3軒見たがどこも薄暗くて湿っぽい。せめて窓のある部屋がいいなぁ、などと思い
通りへ面したペンシオンにも入ってみる。人の好さそうなばあちゃんがオーナーだった。
さしてきれいでもないし、バス・トイレも共同だが、生来面倒くさがりの私はここでいいや、と決めて
ホテルから荷物を持ってきた。1泊2000ペセタだった。(当時のレートは手数料など込みで
実質\100=85PTSくらいだから日本円で約1,700円。一応今後もこれを基準にしていくことにした。


ランブラスの通りに面した3階。
(2階にもあったなぁ)
特にお勧めはしない。
ってか、今でもあるのかどうか不明。
このあたりにはこういう何部屋かを貸すペンシオンがたくさんあった。
今は小さめのホテルなどが多くなってるみたい。
ベッドのスプリングが悪くうにゃ~~っと沈み込んだ。
地下鉄(リセウ)駅近くだったから地下鉄利用は便利だった。


《2001年に泊まったランブラスのホテル》
HOTEL HUSA ORIENTE
Ramblas,45-47, 08002, Barcelona, SPAIN
Tel +34 93 302 25 58/Fax +34 93 412 38 19
email:info@hotelhusaoriente.com
《HOTEL HUSA ORIENTE、ランブラスに面している。窓から見たランブラス》



《2001年に泊まったカタルーニャ広場のホテル》
HOTEL MONEGAL
c/ Pelayo, 62 08001 Barcelona - SPAIN
Phone : +34 (0) 93 302 65 66
Fax : +34 (0) 93 412 24 88
(2001年5月当時、DBL=10,800Pts + 朝食1,600Pts(2人分) + IVA7%,868Pts=13,268Pts(79.74Euro)でした)

この辺りのお手頃なホテルはどこも狭いです。(都会はどこも高いですね~)



《ランブラス付近》

カテドラル付近では木曜日に蚤の市をやっていました。


《2006年にバルセロナで泊まったのはこちらの記事》
『Hostal Palacios』(オスタル パラシオス)


続きへ
関連記事
OSO001
Posted byOSO001