byOSO001

スペイン紀行(バルセロナ・グエル公園)

スペイン紀行

グエル公園

グエル公園へは地下鉄3号線『Vallcarca(ヴァリュカルカorバイカルカ)』で下車。
地図で見ると『Lesseps』駅のほうが正面入り口に近いのだが『Vallcarca』駅から行くと
公園の裏側(山の上側)から降りて行くようになるので、最初に上から全景を望めて最後に正面入り口へ
出るというふうになる。
最初から山(丘)登りかい!!!ではなく、駅から少し歩くと上へのエスカレーターがあるのだ。


エスカレーターを登り切ると公園の上方へ出るのでそこから散策がてら降りていく。
歩いていくとガウディ特有の奇妙な形の建造物が見えてくる。




《リュウゼツランの回廊》


《タイルをはめ込んだベンチ》



《ベンチ外側から》


《天井のモザイク、トカゲのオブジェ、正面入り口》



グエル氏の依頼により造られた計画住宅都市であったが、グエル氏死去により計画は中止。
実際に住んだのは3戸だけで、現在はバルセロナ市に寄贈されて公園として憩いの場所になっている。
建築は基本的にガウディだが、カラフルな色タイルなどはガウディの弟子ともパートナーとも言われる
ジョゼップ・マリア・ジュジョールの作品です。ジュジョール個人の作品はバルセロナ郊外でも見られる
そうです。
ガウディの独特のデザインとジュジョールの大胆な色合いが良く合ってますね。
公園ですからもちろん無料ですが、夜は閉まりますので時間は確認してくださいね。
公園内にも飲食できるところはありますが、例に漏れず割高なので、お弁当を持って行きましょう。
(写真は2001年に再訪した時の物も入っています)


関連記事
OSO001
Posted byOSO001