byOSO001

スペイン紀行 コルドバ脱出

スペイン紀行

コルドバ脱出するのだ

メスキータも見たから明日には移動しよう。けもけもかゆかゆ攻撃はもう我慢できない。
晩ごはんに何か買って帰ろう。と、その辺の店に入ってパンとジュースを買おうとした。
1人の時の晩ご飯はたいていパンと飲み物、それにスーパーがある時はヨーグルトなどを買う。
昼はバルやプラトス・コンビナドスなどのある食堂ですませる。
プラトス・コンビナドスについての記事
スペインのPlatos Combinados

ジュースの種類を聞かれて『Naranja(オレンジ)』と答えると無いと言われたので『Manzana(りんご)』と
言った。それも無いと言われた。うーん、果物の種類はこの2つの単語しか知らんねん。
『何とかかんとか……とメロコットンがある』と言われたが知らない単語は聞き取れても分からない。
もういいや~『メロコットンちょうだい』と言って受け取ったのは『桃』のジュースだった。
『Melocoton(桃)』は忘れられない単語となり、この後は何度も使った。

部屋の戻ると早速にシャワーを使い、体中のけもけもを洗い流し、さっさと寝よう、と思ったら
忘れてた、ガキんちょ団体がいたのだった、走るな!叫ぶな!うるさいうるさい!
先生らしき人が就寝の合図を告げても騒ぎは収まらなかった…。

ドタバタ騒ぎでいくぶん寝不足だが、とにかくバスターミナルへ行くのだ。確か⑦番のバスのはず。
乗ろうとするとバスの運ちゃんが「違う!③番だ!」と言う。あれ?同じバス停にいたイギリス人の
べっびん姉ちゃんと顔を見合わせて「???」ともかく彼女達と一緒に③番バスに乗った

だが、バスはいつまで経ってもバスターミナルへは着かない、着かないどころか元のバス停に戻って
しまった。バスの中には1人も英語を話せる人はおらず、私の流暢でヘタクソなスペイン語で尋ねた。
よくよく聞いてみるとバスターミナルではなくレンフェ(国鉄)駅行きだと言う。
とにかく、バスターミナルに一番近いバス停で下ろしてもらった。10分くらいで行けるはずのところを
1時間もかけてしまった。さっきの⑦番バスのオヤジめ~。


その後、バスターミナルはレンフェ駅の裏へ変わったのだそうだ。レンフェ駅の裏なら③番バスで
良かったんやけどね…。


関連記事
OSO001
Posted byOSO001