byOSO001

スペイン紀行 セビージャ(セビリア)

スペイン紀行

セビージャ

セビージャからの絵はがき

夏ならば一面の向日葵畑であろう景色も今はまだ緑一色。景色はセビージャへと続く。
バスターミナルは街の中心から少しばかり離れており、かつてのタバコ工場で今は大学になっている
おしゃれな若者たちが集う通りを横切って、こ汚い格好の旅行者は安宿街へと向かう。
サンタクルス街の辺りが安い宿の集まる場所らしい。
宿は『BUEN DORMIR』というところに決めた。『良く寝る』という名前が気に入った。
だが、玄関から居間までぎっしり置かれた鳥籠の鳥さんたちは、『良く眠ら』せてはくれなかった。
ちょっと怖いかもしれない…。
部屋は壁にモザイクタイルなどがあり、かわいい感じであった。
カテドラルなど集まる場所まではサンタクルスの路地を歩いていく。狭い路地の交錯する場所に
宿はあった。







カテドラルのある広場へ行ってみるとちょうどツアーなどがたくさん来る時間だったのか大変混みあって
どこも並ばないと入れないようであったので、先にバスターミナルとレンフェへ行って時刻表を確認する
ことにした。いつも、歩きすぎて足を棒にしてしまうので、市バスを利用することにした。
何で今まで利用しなかったんだろう、便利じゃないか。しかし、降りるバス停が分かりずらく何度か
違うところで降車してしまい、1駅くらいなら…と歩いて、結局足を棒にしてしまうのであった。
休憩にとバスターミナルの近くに公園があったので行ってみた。
Plaza de Espanya、スペイン広場というらしい。隣はマリア・ルイス公園というところで併せると
かなりの広さである。この辺りの憩いの場所なのだろう、ボートに乗ってきゃぴきゃぴはしゃぐ中学生
くらいのカップルや、ベビーカーを押しながら散歩するファミリーなどがいる。
古い宮殿のようなものが半円を描いて構えている。後でガイドブックを見たら、ここは1929年の万博会場
で、現在は市庁舎や軍部がおかれているのだそうだ。





2時頃にカテドラルへ戻ってみると随分人が減っていた。やっぱりシエスタになるとすいている。
ツーリスト・プライスと思われる高い入場料を払ってカテドラルとヒラルダの塔へ入る。この2つは共通
の入場料金だった。てっぺんから見渡すと気持ちよかった。やはりアホは高いところが好きである。
ホテルなのか高級マンションなのか屋上にプールのあるのが見える。飛び込んだら気持ち良さそうだ。
カテドラルの中はひんやりして涼しかったが、1歩外へ出ると3月だというのに30度近い気温で肌が
チリチリと音がするようだ。やっぱりこの時間はシエスタなんだなぁ…と、宿へ戻って午睡する。




カテドラル付近には観光馬車がいっぱい。見てる分にはいいが、臭いが…くさいよ。


日が傾いたらまた街にでよう、しばし午睡、心地好い。


関連記事
OSO001
Posted byOSO001