byOSO001

スペイン紀行 サラマンカ

スペイン紀行

サラマンカの家なき子

何となく相性の悪いカセレスを後にして次の町へ行こう(カセレスに罪はないって)
昨日バス停を間違えて降りたバスも間違えずにバスターミナルまで順調に到着。朝食を摂ろう。
ターミナルのカフェでコーヒーとトスターダを注文するが、何故かコーヒーだけしか出てこない。
もう、バスの時間だからトスターダを断って出て行こうとした時にトスターダが出てきて「いらないから
コーヒー代だけ…」と思ったのにしっかり両方の料金を取られた。やっぱり相性悪いかも、カセレス。

着いたのはサラマンカ。学園都市である。
古い建物を利用した学校などは他の都市にもあるが、ここは街全体がそういったキャンパスのようだ。
バスターミナルから街の中心部へは遠いがてくてくと歩いて行く。
街の中心のマヨール広場を基点に宿を探すが宿がない。いや、宿はあるが空室がない。
こんなこともあるんだなぁ、1人くらいならどこでもあるとタカをくくっていたのだが、しかし、
野宿するには夜はまだ冷えるぞ。やばい…。
サラマンカはまだマヨール広場とローマ橋しか見て(通っただけだが)ないけど、どこか別の街へ移動だ。





どこか、ここから近い町、サモーラ、レオン、バリャドリッド、アビラ……えーいっ!アビラだ。
なんの根拠もないがアビラに決めて再度バスに乗った。
アビラってどんなとこなんだ???

関連記事
OSO001
Posted byOSO001