byOSO001

スペイン紀行 アビラ

スペイン紀行

アビラ

アビラからの絵はがき



カセレスからサラマンカまでバスで約4時間、サラマンカからアビラまで更に2時間。
さっさと宿を決めて一休みしよう。バスターミナルから旧市街までは徒歩で10分くらいのようだ。
…なのに、どうやらまたしても道を間違ったようである。ここはどこだろう、どう見ても古城だの
カテドラルだのという風情ではなく団地である。一旦戻ってやり直しだ

しかし、石畳の道というのは趣きはあるが歩きにくい。荷物が肩に食い込むようだ。
何とか旧市街・城壁の中のインフォメーションに辿り着いた時には声も出なかったがインフォメーション
のおばちゃんは心得たもので、何も言わなくとも地図とホテルリストをくれた。Gracias!
少々高かったがそこから一番近いところにした。もう夕方近かったし雲行きも怪しかったし。
Hotel Ray Nino
どうやら今はHotelになっているらしい。

それにしても寒い。昨日まで30度近くあったのに今日は13度、何で?しかも両側を建物に挟まれた小路は
まるで新宿のようなビル風にさらされている。小高い丘の上にあるからよけいに風が強い。
思わず飛び込んだカフェにはトスターダは無かったが代わりに袋に入ったカステラのような物を出して
くれた。コーヒーで体を温める。私がべっぴんさんだったからか(何を寝言を!)フルーツもおまけして
出してくれた。(トーストが無かったからだろ!)

旧市街は11世紀頃に造られた城壁に囲まれておりたくさんの教会があった。
ここのところついてなかったからサンタ・テレサという人の像にお祈りしておいた。仏教徒の願いでも
聞いてもらえるだろうか。
旧市街と新市街はサン・ビセンテ門で通じている。門から出て市内へ行ってみた。
今日は昨日もらった地図があるから迷わない。そして、昨日迷った道が実は結構近くだったことが
判明した。
散歩していると、変なじいさまが近づいてきて「日本人か?」と聞いてきたので「Si!」と答えるなり突然
べらべらべらべらとまくしたててきた。ちょ、ちょっと待て!そんな早口わからん!ってか、どうも
ナンパしている様子なのだが…。じいさん、どう見ても70歳はいってるぞ。
ロンダでも変なおっちゃんにナンパされたんだよなぁ…。おっちゃんウケする顔なのだろうか?それとも
ラテンは何でもアリなのだろうか。どっちにしても変な感じだから逃げよう。ぴゅーっ!
はぁ、旧市街へ戻ろう。


関連記事
OSO001
Posted byOSO001