byOSO001

スペイン紀行 ブルゴス

スペイン紀行

ブルゴス


北へ向かうならバスでも列車でもどちらでもかまわなかったのだが、今日は日曜日、どちらも本数が
異様に少ない。
10時にホテルをチェックアウトして早や3時間、ここの駅は冷えるしベンチも硬くお尻が痛い。
近くにあったホテルのカフェへ避難して、2時52分、やっと列車の発車時刻になった。
ふぅ~あったかい。車窓からの景色はますます寒そうに見え、雨まで降ってきた。
ブルゴスも寒いのだろうか…。

ブルゴスは雨だった。しかもさっきまでよりもっと激しい雨となっている。しかし、泊まるところを
探さなければもっと可哀想なことになるだろう。雨合羽を出して背中の荷物まですっぽり被った。
ただでさえ人の少ない日曜日に雨まで降って、宿もどの辺りにあるのかさえわからない。
雨の中、これ以上とぼとぼ歩くのは嫌だったので、バスターミナルのまん前に見つけたペンシオンへ
飛び込んだ。外観はちょっと怪しげだったが中はきれいだった。…良かった。

宿のおばさんが地図を持ってきてくれて見所などを教えてくれるのだが、殆どが月曜休みであった。
おばちゃん有難う、気持ちだけいただくよ。それよりお腹がすいてきた。
外へ出ると川沿いの道にマクドナルドの看板を見つけた。ここから5分と書いてある。この際、何でも
いいから食べたい。『その土地の物を…』なんてのは余裕のある時のことだ。
しかし行けども行けども無い、もしかして『車で5分』???
お腹はすでにハンバーガーの用意になっていたが、結局その近くで見つけたバルですませた。
翌日、ようやく雨はやんだ。

スペインも南と北では随分と雰囲気が違う。もともと別の国(領地、領土)だったのだから当たり前だが
原色の南に対してモノトーンの北という感じがする。道行く人達まで白っぽく見える。




天気のせいもあるけれど、ちょっと寒っぽく見えますね。


関連記事
OSO001
Posted byOSO001