byOSO001

スペイン紀行 セゴビア

スペイン紀行

セゴビアのスノーホワイト

セゴビアからの絵葉書


お城が見えてきた。セゴビアだ。
旧市街への入口のすぐそばにはローマ時代の水道橋がでーーーん、っと構えている。
旧市街の広場まで歩いて行く。広場にインフォメーションがあるからだ。しかし、古都というのはどこも
坂道が多いなぁ。息を切らせながらマヨール広場へ到着。インフォメーションで教えてもらった安宿は
なんだかあまりになぁーーーというこ汚い入口であったのでやめてもう少しマシな宿を探すことにした。
どこもツーリスト・プライスで高いなぁ。明日アルカサルみたら移動しようかな。






アルカサルはディズニーの『白雪姫』のお城のモデルとして有名である。実物はどちらかといえば
マイケル・コーン監督の『Snow White』に近いかもしれない。(実際撮影に使われたのはチェコのお城)
御伽噺のお姫様や王子様の住まうお城ではなく中世の要塞なのだから、中には武器や甲冑がずらりで
140段もある塔は見張りのための窓が設えられ、城への入口も断崖絶壁に守られている。しかも寒い。
石造りのこういう建物は本当に冷える。昔の人は冷え性ではなかったのだろうか。
しかし、この使用感のある甲冑、やけに小さい。どう見ても8~10歳用という大きさではないか?
(もちろん普通の大人サイズの物も置いてある)白虎隊みたいに少年兵がいたのだろうか。




関連記事
OSO001
Posted byOSO001