byOSO001

スペイン紀行 マドリッド ティッセン・ボルミネッサ美術館

スペイン紀行

マドリッド・ティッセンボルミネッサ

ラストロの人ごみがあまりにもすごかったので美術館に避難した。
ティッセン・ボルミネッサ美術館というところだ。現代アートが中心の美術館である。
天下のプラドが500Ptsだったのに、ここは700Ptsである、えぇ根性や!
もともとはボルミネッサ男爵の個人コレクションであったものを政府が買い取り美術館として公開した。
16世紀~20世紀のイタリア・オランダ・スペイン等々の新古典、印象派、ロココから現代美術まで
ミロ、ダリ、ゴッホ、ピカソ、グレコ、ゴーギャン、ハルス、シャガール、等等等等………
有名どころがずらりである。
こんなに有名画家の作品が並んでいるというのに今回はお気に入りには出会わなかった、残念。



マドリッドの人ごみに疲れてきたし、明日は田舎に行こうかな。マドリッドからならバスでどこへでも
行けるしね。


関連記事
OSO001
Posted byOSO001