byOSO001

《台湾》 鶯歌

2008・1月 台湾⑪

鶯歌
台北市内から30分くらいで行ける陶器の町です。
特急列車だと停車しない場合もあるので『区間車』で行きます。
区間車は予約は要りません。券売機で切符を購入します。

↓こちらのページで切符の買い方を詳しく書いているので参考に

旅々台北、台湾鉄道・基本情報

 



















月台…駅のプラットホーム

列車は日本の在来線と殆ど同じです。
 












約30分の乗車で鶯歌站に到着。
ちょっと田舎の素朴っぽい駅。
陶器の町らしく駅の階段の飾りにも陶器が使われていたり、改札のところにも大きな作品が置かれていました。

駅にはセブンイレブンやパン屋、陶器のお店がありました。




駅から出るとちょっとレトロな町です。
陶器のお店がたくさんあります。
古い建物は壊れそうで危ないので近づかないように注意書きがあるところもあったので気をつけてください。








駅を出てすぐ右手に胡椒餅の店がありました。
【胡椒餅専賣店】
この店、以前は台北市内にもあったようなのですが、今はここだけみたいです。
『赤肉』と『五花肉』の2種類です。
どちらも1個35元、3個で100元でした。

赤肉…赤味肉
五花肉…豚バラ肉

どちらもネギが入っていて食べると肉汁がじゅわーーーーーっと出てきました。
こんなにジューシーだとはしりませんでした。
外側はナンみたいな香ばしいパンみたいな感じでした。
食べる時は滴り落ちる肉汁にご注意を、私は勿体無くも最初知らずにかじり付いてぼたぼた汁をこぼしてしまいました。店先で食べてたから店のおっちゃんが慌てて紙ナプキンをくれました


関連記事
OSO001
Posted byOSO001