byOSO001

OLD HOHENSCHWANGAU (Schloß Neuschwanstein)

初めてヨーロッパへ行ったのが、ドイツ~ウィーン~パリでした。
この時、元々予定していたのは、ドイツ~ウィーン~スイス~パリだったのですが、
ウィーンの西駅で私が置き引きに合って一文無しになってしまったため、
日本からの送金を受け取るのにパリの東京銀行(当時は東京銀行)へ行くことになり、
ツレに迷惑をかけつつスイスを飛ばしてパリへ行ったのでした。


若い皆様、東京銀行ってご存知ですか?今の東京三菱UFJですよ。合併する前です。
昔は外国為替や外貨といえば東京銀行だったんです。

話がそれてしまいました。
その時に所謂『ロマンチック街道』のローテンブルグやホーエンシュバンガウへ行きました。

バイエルン州のフュッセンの南、オーストリア国境近くにあるルードヴィッヒⅡ世によって建てられた
時代錯誤の夢見るオジサンのお城です。
かつて膨大な費用をかけて建設され大赤字のモトであった城が現代では観光収入を稼ぎ出している。
皮肉だがルードヴィッヒⅡ世も草葉の陰で笑っているかもしれない。


宿泊したのは HOTEL MULLER バルコニーからお城が見えるホテルである。


林の道を進んでいくとお城がだんだん近づいてくる。







向こう側はオーストリアである




ホーエンシュバンガウ城はルードヴィッヒⅡ世の父親(マクシミリアン2世)の城でルードヴィッヒⅡ世もここで育った。












近くにはアルプ湖がありちょっとした散歩道になっている。
静かな林に囲まれたこの湖は恐ろしいくらいに透明だ。
まさに白鳥の湖???





湖の周りを散策すると、ちょっとした小高い丘になっていて町を一望できる。

関連記事
OSO001
Posted byOSO001