byOSO001

上海散歩












上海はホント、大都会だ。
こんな風景だけ見てたらどこの国の街だかわからない…。

たまにはこんな懐古的なウォール・アートもある。








上海へ初進出したばかりのユニクロ。
値段は日本とほぼ同じでした(中国の物価に慣れると高く感じるが…)



豫園へ向かいます

豫園とその周りの豫園商城はいつも人がいっぱい。
商城には食べるところもいっぱい。周りの景色に合わせたエクステリアのスタバとか、屋台の粽、小籠包の店などなど。
有名な『南翔饅頭店』などは恐ろしいくらいの行列です。
諦めて別の店に入りましたが、ここもいっぱい!



少し遠いですが、腹ごなしも兼ねて外灘の方へ歩いて行きます。


このあたりの景色や建物を見ると『華麗なる一族』のロケを思い出してしまう。
これを昔の神戸と言い切るドラマもすごいな…。


浦東地区の方へ渡るとお馴染みのテレビ塔や最近ますます建設ラッシュの高層ビル群。



しかし、この高層ビル群の中(下?)に何故かこんな建物も


ここは『陸家嘴開発陳列室(陳桂春邸)』というらしい。
古い家の中に上海の変貌の説明や写真、未来予想ジオラマなどや地味に部屋の様子なども展示されていた。

どうも今は東方明珠タワーの1階に上海都市歴史発展陳列館としてグレードアップした展示に変わっているようだ。
(地味なほうが好きなんだけどね)

これらの写真から数年、更に更に上海は変わっているのだろうなぁ。
関連記事
OSO001
Posted byOSO001