byOSO001

台鐡でお出かけ(侯硐①)

台湾到着初日は着いたのも16時くらい(だったかな?)と遅めでしたので、早々と就寝。

台北車站の明かりがまだ落ちぬうちに眠りにつきました。
(3人とも爆睡だったのが笑える)



食べ物ネタが続いてしまうので、翌朝の朝食はまた後回しにして、翌日のお出かけを先にUP。
台鐡で出かけます。





来た来た!
こいつに乗って行きますよ~。

しかし、この日は土曜日。
指定席券はすべて売り切れで無座での乗車です。
仕方ないのでドア付近に場所を確保して地べたに座ってたらそのまま寝てしまいました…。
なんちゅう行儀の悪い、良い子のみなさんは真似しないでね

【訂正】
すみません、行きは自強號に乗ってません~(^^;)
指摘されて気付きました。(写真の列車は自強號)
ホームに入って来た列車の写真を撮って、実際に乗った列車の写真を撮ってなかったので間違いです。
某大王さま、ありがとうございます~!

勿体無いので(?)写真はこのまま載せておきます。



着いたところはこちら。

瑞芳站です。

でも九份へ行くんじゃないよん。

ここから各駅停車に乗り換えて、、、

一駅先へ参ります。

普通の通勤電車みたい。



車窓の風景が更にのどか~~~な感じになってきました。

一駅だけど結構長かった気がする。
ともかく到着です。
侯硐(猴硐)站です。



ホームからも見えるあの階段の先へと行くのです~。



ホームから改札へ行く途中には、ニャンコの提燈や写真。




改札を抜けた切符売り場周りにもニャンコの案内。

更にニャンコのお土産屋さん。


いきなりニャンコグッズを買い込むAちゃんであった…。



そう、ここ侯硐はニャンコニャンコニャンコ尽くしの猫村なのです。
元々は炭鉱があった所で炭鉱に関する博物館などもあるんだけど、最近は猫村の名前の方が有名になっちゃってるみたいです。

ニャンコ好きのAちゃんのために今回の旅程に組み込みました。
自分でも行ってみたかった場所だし、ちょうど良い機会になりました♪

猫村だけあって(?)駅のベンチでいきなりニャンコのお出迎え。

もう、観光客にもすっかり慣れた様子で騒がしくとも触られてもそのまま寝ておりますわ。





では、参りましょうか~。





関連記事
OSO001
Posted byOSO001